視力アップは脳で止められる!!???

衝撃的な本がありましたのでご紹介します。

その名もズバリ、

眼の老化は「脳」で止められた!
―アメリカ視力眼科の即効視力アップ法 老眼も近視も、今からでも回復する  です。

え、脳 ですか?

視力なのに、脳なんですか??

不思議ですね。とっても不思議なことをおっしゃっております。
気になる中身、どんな感じなんでしょう。

■脳を活性化すれば、視力は劇的に回復する
・見るという行為は、目の機能だけではない
・眼球がとらえた映像を脳に送られ、脳が判断して始めて「見える」
・脳が「どうせトシで見えない」とあきらめていると、情報が適切に処理されない
・脳の老化を止めれば、眼の老化を止めることにもなる
そ・・・そうか。前半は、ふんふんと思いますが、
ちょっと後半は、ぇ・・と思う部分も正直ありますね。
では何を推奨しているかと申しますと、
■「見える!」という言葉を口癖にする
・潜在視力がアップし見えるようになる
■忙しい朝は、時計を素早くみる
・時計を視界ギリギリに置く
・顔は動かさず、視線だけで時計を見る
・眼筋が鍛えられ、脳の使っていない部分も刺激される
■鏡の正面に立って、身体を左右に動かす
・身体は左右に動かしても、視線は正面をキープ
■歯磨きをしながら、歯ブラシの動く方向に眼球の動きを合わせる
・眼球運動で、眼の周りの筋肉をやわらかくできる
・意識して眼を動かすので、眼と脳の働きを協力的にする
まずしょっぱなに、かなり度肝を抜かれます。精神論かいっ!って。

でも何となく、実践してみたら良さそうなことも書いてありますね。
ちょっと買うには躊躇しますが、新しい視点から
視力アップのアプローチをしてみたい方はいかがですか?

タグ

1日3分で視力回復するスマホアプリ

去る20日に、発表されたスマホアプリその名も「EyeMaster」。

何ともお手軽なことに、1日3分のトレーニングで視力が回復するんだって!!

このアプリを開発した会社の代表は医学博士だそうで、
その人が監修しているということ。
以前もリリースしていたものがバージョンアップされたらしい。
内容は、トレーニング効果の判定要素や視力測定結果の履歴機能など
が新機能として追加されたほか、トレーニング時の指標に
自分の好きな写真・絵を使えるようなったので、
より楽しくトレーニングできるんだとか。

気になるトレーニング方法は、視標を高速で前後に移動させて見ることを反復し、
ピント調節する毛様体筋、縮瞳などを強化することで視力低下によるボケを解消、
視機能を向上させるんだそうです。

ちなみに350人に対して実験してみたところ、
なんと8割が視力改善したというデータがあるそうで、
これは期待できそうですね。

iphoneだと450円でした。

レーシックを受けると思えば安いもの!?

タグ

白内障と緑内障って何が違う?

なんとなく、名前の印象が似ているし、
色で表現しているから、似たような病気だと思いがちな
白内障と緑内障。
でも実は全く違う病気です。
しかも、両者とも若い人とは縁遠そうな印象ですが、
これも実は若くてもかかる可能性大な病気。
知識として知っておいても良さそうです。
簡単にその症状を説明しますね。
まず、白内障は目のレンズが濁り、視力に障害を来す病気です。
これは人工レンズを入れる手術をすれば視力が回復します。
レーシックの手術と似たような処置なので、
白内障の手術をする人は、レーシック手術が受けられない
なんてよく言われています。
でもそんなこともないようですよ。
一方、緑内障は目の周りを流れている涙が
上手く流れないで滞ってしまうことにより、視力の障害を来す病。
緑内障は視神経を障害するので、手術をしても
一度障害を起こしてしまった視力は、元に戻る事はありません。
しかし、手術をしない事で、最悪失明などに至る事もあるので、
治療時期の見極めが肝心と言えます。
どうです?全然違いますよね。
どうも緑内障の方がかかりたくない度は高い印象。
どちらも予防できるのでしょうか。
それはまた次回の記事で。

タグ

09/21/2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の病気

運転免許証の「眼鏡使用」は外せる!?

視力が良くない人の免許証を見てみたら、
必ず記載されている文言がありますね。
「眼鏡等使用」
ああ、この文字、邪魔。
そう思ったことがある人は少なくないのではないでしょうか。
でも、ご存知ですか?
これ、外せるんですって。
もちろん視力が回復したことが条件ですけど、
試験場へ行って視力検査に合格すれば、
無料で眼鏡等の条件を解除してくれるそうです。
免許証の期限が、まだ切れていない場合は、
免許証の裏に「眼鏡等条件解除」と日付が印字されます。
で、次回の更新時にもう一度視力検査をクリアすれば、
表にも眼鏡等の条件が印刷されなくなります。
でもこの手続きは、警察署ではできなくて、
必ず試験場(運転免許センター)にいかなくてはならないそうです。
レーシックで視力回復した人も増えてますし、
きっとこういう要望多いんでしょうね。
試験場も、快く視力検査を受けさせてくれるそうです。

あのト書きが気になる人は、免許センターへGO!!

タグ

09/19/2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の雑学

レーシック無料モニター募集情報

私がレーシックに踏み込まないのは、

やっぱり【怖い】というのが第一なんですが、

レーシックしない人たちの理由としてトップ3に入ってくるのは、

【高い】があると思います。

どんなに安くても10万円弱するので、

気軽に受ける・・・という訳には行きませんよね。

かといって、安すぎるところも妙に不安で、

程よい値段で、症例数も多い信頼できる病院で、

なんて条件を次々出していたら、やっぱり値段は

それ相応になってきます。

そんな【高い】が施術のネックになってる人に朗報。

銀座近視クリニックで、なんと無料モニターを募集しています。

あわせて、半額モニターと30%割引モニターも募集中でした。

なんとうれしい情報でしょう!!

モニターに当選すればタダか、安くレーシックを受けられます。

気になる銀座近視クリニックの情報ですが、

サッカー日本代表の本田圭祐選手が手術を受けたり、

女優の加藤夏希さんが受けたりするなど、有名人の施術でも有名。

かつ、症例数も6万件以上と安心できる数字です。

ちなみにオリコンランキングではレーシック部門の満足度1位を獲得するなど、

患者さんたちに支持されているようです。

このモニター募集、なんと毎週受け付けているようなので、

気になる人は応募してみるといいかもしれませんね。

タグ

このページの先頭へ