怖い眼の疾患たち

私は仕事柄、眼の疾患を持つ人と関わることが多いです。
眼は人の感覚器の中でも特に重要な器官です。
片方の眼が見えなくなっただけでも生活に支障をきたすこともあります。
そんな大切な視力を奪う眼の疾患は本当に恐ろしいと思います。

眼の疾患には網膜症や眼底出血、白内障、緑内障等いろいろありますが、私は網膜剥離が一番怖いです。
網膜剥離は初期であればレーザー治療のみで治すことも可能ですが、進行すると手術が必須となってきます。
手術をしても視力が回復するとは限らないのです。

外傷性剥離以外の自然剥離の発症率は非常に低いと言われていますが、それでもよく網膜剥離の人に会います。
実際、職場の先輩が網膜剥離になりました。手術をしましたが、視野は半分に狭まったままだそうです。
そして、この疾患になるリスクとして高いのが、強い近眼やアトピー等です。
現代の日本には近眼やアトピーの人なんてたくさんいます。
実は私、ド近眼でアトピー持ちなんです。リスクにドンピシャなのです。
網膜剥離の初期症状には飛蚊症があります。
眼精疲労でも飛蚊症が出ることがありますが、症状が続くようだったら早めに受診すべきだと思っています。

みなさんも眼には気を付けて下さい。

タグ

01/28/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の病気

目について考えてみました。

私が眼鏡をかけるようになったのは高校生になった頃でした。

それまでは両眼1.5あり、よく見える目でした。

何故急に悪くなり出したのか、思い当たるのはやはり姿勢が悪く勉強の時かなり近くで読み書きしていたことでしょうか。

あと、これは確証はないのですが中学生の頃母親は朝の早い時間にパートに出ており朝ご飯やお弁当も自分で好きに作って食べていました。

好きな物を食べるということは栄養も偏っていただろうし成長期に必要な十分な栄養素を取れていたかも怪しいところです。

そのようなことの積み重ねが視力の低下に繋がったのではないかと思います。

そして、落ち始めた視力はあっという間に0.1未満になってしまいました。

後悔は先に立たずです。

若い頃は、容姿を気にしてコンタクトを使用していましたが結婚してからはずっと眼鏡をかけています。

この眼鏡もかなり曲者で、子どものおもちゃにされたり梅雨の湿気の多い時期、夏場冬場の内外の温度差、温かい物を食べた時などに真っ白に曇ってしまい我ながらコントのようだと思ってしまいます。

時代は進んでいるのだから何か良い解決法があればいいのにと思います。

タグ

01/24/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

目に優しくなってきた時代ではないかな?

私は近眼です。ひどい近眼です。眼鏡がないと生活に極端に支障を来します。

最近、困ったことを記したいと思います。あるボランティアで小さな子どもをプールに引率することになりました。リゾート地の温水プールです。ところがそこの規約で眼鏡を装着しての入水が禁止になっていました。さあ、困った状況です。眼鏡をはずして、如何にして子ども達の安全を確保するか。大問題です。事情を、プールの管理者に話し、やっとこさ許可がでました。

さて、最近の朗報は、眼鏡のフレームやレンズが、私の若い頃に比べて非常に薄く、そして軽くなったことです。これが案外見過ごされているのではないでしょうか。見た目のレンズの分厚さの不細工さだけでなく、鼻にかかる負担が軽くなり、体全体に好影響を与えてくれます。以前は、よくしんどくなると、眼鏡をはずして安息感を覚えた物ですが、最近はそのようなことがなくなってきました。
しかしながら、年月を経て、近眼に今は,老眼がかなりきつく出始めています。文庫本が読みづらいです。iPad等の機器で、文字を大きくして読めるアシスティブテクノロジーのお陰で、目に優しい時代にもなって来ましたね。そういう視点で、iPad等を見ています。
そうですね。目に良いということでは、ブルーベリーを畑に二株植えています。実がたくさんなります。それを食べると、確かによく見えるよな
気もします。

食生活だけでなく、緑の木々を眺めるのも良いかと思い、部屋は緑の観葉植物でいっぱいにしています。これも効果があります。緑は癒しの効果もあり、目にも優しいのではないでしょうか。

タグ

01/21/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の雑学

抵抗のあった眼鏡

私は眼鏡をかけています。
中学のときから視力は落ちてきて、黒板も殆どみえていませんでしたが、眼鏡をかけることにとても抵抗があり、毎日目を細めて授業を受け、先生から「そんなに見えないなら前に来い!!」と言われながら過ごしました。
高校生になると、授業中だけ眼鏡をかけました。
そのせいか、たまに外に出るときにかけたままにしていると、感覚が裸眼と違うからか階段から落ちそうになることが多々ありました。
ずっとかけていればいいものを、やはり抵抗があり。。。
大学生になり、コンタクトレンズにしました。私の学生時代はまだハードが主流で、しかも私は乱視だったのでソフトでは矯正が効かないといわれました。
幸い、ハードコンタクトが私には合ったので、一日つけていてもさほど苦にならずに過ごしました。
結婚した今では一日中眼鏡生活です。
子育てもあり、一番お手軽なので。
はじめは眼鏡をかけて車の運転は怖かったのですが、今は、体の一部になりつつあります。
ただ、この夏、眼鏡の鼻当て部分にシミが!!かなりショックを受けています。
今、ソフトコンタクトにしようか検討中です。
やっと抵抗なくかけられている眼鏡なのですが、美容には勝てないかも。

タグ

01/17/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

コンタクトのありがたさ

私は、目が悪いです。
メガネとコンタクトが欠かせません。裸眼だと何も見えなくなってしまうからです。
小学生の時から、メガネをかけています。
年頃なのでめがねをかけることに抵抗があったのですが、かけなければ見えません。嫌々かけていました。

中学生になってから、コンタクトに変えました。
メガネをかけたくなかったので、コンタクトになったときは嬉しかったのを覚えています。
最初、コンタクトを目に入れるときはこんなものを目に入れるのかと恐ろしかったです。
でも、慣れてくるとコンタクトのありがたさに気づきました。

ですが、コンタクトにもデメリットはあります。
それは、目に負担がかかること。目に入れるので当然です。

最初は、ソフトコンタクトを使っていました。
ソフトコンタクトはレンズが大きめで、柔らかいのが特徴です。私はソフトコンタクトの方が好きでした。
眼科に行ったときにハードコンタクトの方が目にかかる負担が少ないといわれ、ハードコンタクトに変えました。
なかなか慣れませんでしたが、今はようやく慣れてきました。
目を大切にしながら、これからもコンタクトを頼りにいろんなものを見ていきたいと思います。

タグ

01/13/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ