外斜視について。私の体験談です。

私は右目が外斜視です。
これは生まれつきの先天性ではありません。
詳しくは覚えていませんが、高校生くらいの時に、目の炎症で眼科を受診した時に、「視野がずれるんです」と話をした事を覚えています。

しかし、当時はお医者さんに「自力で視野を戻せるのならば大丈夫」とだけ言われたのです。
その時はそれで治療等はせず、終わりました。
その後、私の目は現在のように黒目の部分が外に動く等という事はなく、そこまでひどく視野がずれる事もなく過ごしていました。
その頃の写真を見ても、しっかり両目がカメラを向いています。
外斜視が酷くなったのは23歳で結婚と出産をしてからでした。
というよりも、結婚後、主人との関係が悪くなり、ストレスが溜まるようになってからです。だんだん、視野がずれるようになっていったのです。
気付くと、例えば右側にあるものが真ん中にあるように見える、という感じになっていました。
そして鏡で目を見ると、完全に黒目の部分が外側、つまり右側に自分の意思とは関係なく動いてしまうようになっていたのです。
力を入れると右の黒目は真ん中に戻りますが、力を抜くとすぐに右側に動いてしまう、といった状態でした。
それに気づいた私は、大慌てで近所の眼科に行きました。
その眼科で、いろいろな検査をしたのですが、どの検査でも視野のずれがとても広かったのです。
さらに涙の量も検査するととても少ない事がわかりました。

そこで言われたのが手術の話でした。
当時の私は怖くて、やると言えませんでした。
この時は、涙と同じ成分の点眼薬をもらい終わりでした。
その後、点眼薬を使い続けましたが、視野のずれはひどくなる一方でした。
そこで父に相談した私は、手術する道も考え、街の有名な眼科に行くことになりました。
そこで初めて聞いたのが「外斜位」という言葉でした。
外斜視になる一歩手前なんだそうです。
自力で視野を戻せるのが外斜位だと言われました。
そして、この状態ではまだ手術はしなくても大丈夫、訓練で何とかなるという事でした。

その後、訓練を続けていますが、よくなっているのかは疑問です。
この斜視というのは、下を向いてぱっと正面を見た時に、すぐには焦点が合いません。
それがコンプレックスで、私は人の目を見て話すのがとても苦手です。
もしも訓練を続けてもこのまま現状が続く場合は、手術も考えています。

タグ

04/27/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:視力検査

視力回復のための眼筋ストレッチ

最近、スマホを長く使った後に遠くがぼやけてしまうことがあります。
老眼も入りつつあるので、まあ、仕方ないのですが。
しかし、移動中だったり、立った姿勢だとちょっと危険を感じることも。
そんな時は、以前ヨガ教室で習った目のストレッチをしています。

まず人差し指を立てて指先を見つめ、指を鼻先に近づけていきます。
いわゆる寄り目状態になります。
自分の限界ぎりぎりまで寄り目にします。目の奥に緊張感を感じます。
この感覚は、心地良いというより、少し妙な感じかも知れません。
次に腕を伸ばしながら人差し指を遠ざけます。
ピントは人差し指の先に乗せたまま。腕を伸ばし、さらにピントを遠くへ。
山やビルなど、視界の中にある遠くのものにピントを移します。
腕は伸ばしたままです。遠くから、再び人差し指の先にピントを移します。
腕を戻しながら再び寄り目の限界まで。

この運動を繰り返すと、目の中がストレッチされるみたいです。
思ったより効果は高く、すぐに目の調子が戻ります。
手軽に出来るのでお勧めです。
ただ、周囲は驚くかもしれないので、ご注意を。

タグ

ブルーライトカットメガネを買いました。

もともと近視でしたので、メガネをかけていますが、パソコンをよく使うようになったので、目への負担が気になります。
長時間パソコンに向かった後は、目がしょぼしょぼしたり、かすんだり。
時にはかゆみや痛みが出ることもあります。

そんなわけで、パソコン用メガネを購入してみました。
目に有害なブルーライトをカットする、というレンズを使っているものです。
このレンズ、少し色が入っています。薄い黄色っぽい感じです。
もちろん、色のついていないクリアタイプというのもありますが、色つきのレンズのほうが、ブルーライトをカットする率が高いと言われて、それならばと色つきタイプを購入しました。

かけた感じは、少しまぶしさが抑えられているように思います。
メガネをはずして画面を見ると、なんだかギラギラしているように見えるので…。
やはりブルーライトカットレンズのほうが、目の疲れも少ないと思います。

ただ、色つきのメガネだと、サングラスっぽく見えてしまうので、今のところはパソコン作業専用にしています。
そのうち、クリアタイプも普段用に買おうかなと思っています。

タグ

04/19/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:おすすめ

私のはじめてのメガネ

私は、学生時代、視力2.0を誇り、視力検査のときは下まですらすら読めて友人にうらやましがられたものです。
そんな私が、とうとう眼鏡をかけることになりました。

きっかけは辞書、漢字を調べようと辞書を引いたら、横棒が何本なのかよく見えないのです。
この辞書、印刷がかすんでいるのかしらと思っていたらどうも若い人には見えるらしい。
そう言えば、この頃新聞を読むときに離して読むようになっていました。
夫からそれは老眼だろうと言われ、半信半疑で眼鏡店に行き、調べてもらいました。
機械の前に座り、中の窓を覗くと分かるらしいのです。
検査のあと、お店の方が「お客様、立派な老眼でございます。」とにっこりして言われました。
はー やっぱり。
そのまま、そこで老眼鏡を作りました。

数日後に受け取りにいき、かけて見るとよく見える!!
新聞の字もクリアです。
最初は慣れずに少しくらくらした感じがありしましたがすぐに慣れました。
人生初のメガネライフです。
今では生活にかかせないものになりました。

タグ

04/15/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

出産したら視力回復しました。

二十代後半から軽い近視で、運転時はメガネを使用していました。
その後十年間、視力は低下も回復もしませんでした。
視力の低下がないことがありがたかったです。
運転時と映画館でメガネを使用する程度なので、随分恵まれた方だと。
まあ、一生こんな感じだといいな、と思ってました。

三十代後半で長女を出産し一年程過ぎた頃、視界に違和感が。
標識が少し以前よりぼやけて見えるのです。
視力が少し落ちたのだと思っていました。
お産で多少身体に変化が出るのは覚悟してましたし、祖母から産後は目を大切にしろ、と言われていました。
昔からそう言うんだそうです。
しかし、程度としては軽そうなので様子を見ていました。

やがて免許の更新となり、警察署で視力の検査をしてもらいました。
すると、あれ?なんだかよく見えるような。
メガネをはずしてみましょうか、と言われ、まさかと思いつつ再び検査。
すると、余裕で条件クリアしていました。
視力が回復していたのです。以後メガネなしで過ごしています。

このことを東洋医学の先生にお話しし、ご意見を伺いました。
先生いわく、お産により身体の奥のほうの筋肉の緊張がとれたのではと。
もともとの近視も、仮性近視に近いものだったのでは、とのことでした。
こんなことってあるんですね。身体の不思議を感じました。

タグ

このページの先頭へ