コンタクト歴30年?!

私は高校生の頃からコンタクトをしています。
かれこれもう30年以上?!

とにかく顔が地味なので、メガネなんてかけちゃったら暗~い少女になりそうでコンタクト希望でした。

中学の時からメガネにしたんだけど、かけて行くの嫌だったな~
恥ずかしいから授業の時だけメガネにしてあとはポケットに入れてたっけ。
でもポケットに入れると曲がったりして怒られたっけな。

そんなんで高校生デビューしようと思ってコンタクトにしました。
最初からハードレンズを入れられ「これで大丈夫ならハードで作ろう」と何か無理やりハードに。

ソフトとかも試してみたかったのに。

でもハードって結構手入れが簡単だし良かったかも。
ゴミが入ると死にそうに痛いことを除けば(笑)

私が視力が悪くなったのは小学生の時。
当時両親は働いていたので、帰ると怖くて速攻テレビ見てた。親が帰るまでずっと。

その頼みの綱のテレビが壊れてしまって、たまーにつく暗い画面に見てたことあったな。

つくのに10分くらいかかるんだけど、それをじっと見てるの。
今考えると何してるの?と思うけど、当時はテレビつけないと怖くて無理だったので、必死に見てたっけ。

あの頃鍵っ子じゃなく、ちゃんと母親が家にいてテレビなんて見なければもう少しは良かったのかな、と思いました。

タグ

05/31/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の雑学

視力減退を年齢のせいかと諦めかけていたのですが、かなり改善されてきました。それはパソコン用メガネの効用です。

遠視気味でしたが、とにかく何本先の電信柱の看板の文字も読めてしまうくらい、私はずっと視力はよかったのです。
でも、このところ、見る時に調節機能の衰えが始まってきたようで、なかなか焦点が合いません。

そういえば、ずいぶん前から、鳥目のような感じで、暗いところでは見えにくいし、明るいところでもハレーションを起こしたように、目がまぶしくて、なかなかすっきりいきましせんでした…

本の字を目で追うのも、スムーズにいかなくなってきて…。

だんだん顔をしかめるようになってきてしまったので、眼科へ行きましたら、なんだか気休めのような事しか言わず、ビタミンやらヒアルロン酸やらの目薬を処方されましたが、全く効果を感じず、再来院して相談したら、遠近両方の眼鏡の処方をされたのです。

思い切って一応、遠近両方を作りましたが、全く使えず、返品しに行きました。高かったのに。

でも、その時に、ブルーライトカットのパソコン眼鏡が3千円くらいで売っているのを何気なく見つけて、買って使い始めたら…
すぐに2日目から、かなり症状が改善されたのです。

眼科では、ブルーライトカットの眼鏡については、全く触れてくれませんでした。
私は眼鏡を使う習慣がないため、よく知らなかったのです。

その眼科はどうして、ぴったりとくる診察、処方や、パソコン用眼鏡を勧めたりしてくれないのでしょうか…

パソコンをよく使う人は、必ずブルーライトカットの眼鏡を使用してほしいと思いました。
知らず知らずのうちに、自分で思うよりもかなり、目を酷使しているのです!

タグ

05/26/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:おすすめ

レンズの度を使い分けてます

近視でコンタクトを常用しています。

普段は2weekタイプのコンタクトを使用していますが、仕事柄、また趣味の読書などで手元を見ることが多いので、比較的弱めに設定しています。

疲れにくくていい感じです。
今より強い度にしていた時期もありましたが、どうしても疲れ易かったので。

普段は室内に籠っていることの多い私ですが、外に飛び出すこともあります。
登山やスノーケリングなどのアウトドアや、サッカー観戦など。

たまにしか訪れない機会ですが、そんなときには普段の弱めのレンズでは見え方がイマイチ。
そこで、ワンデーレンズを使い、度を2段階強くしています。
これで遠くまでくっきり見えるようになります。

以前は10枚入りのディファインタイプのレンズを買っていましたが、思いの外、使う機会が多かったので、30枚入りの色なしのレンズを買ってしまいました。

ネット通販で買ったので、普通に眼科併設のコンタクト店で買うよりだいぶ安く上がりましたし。

こんな風に小回りの効く使い方ができるのは、コンタクトだからこそ、ですね。

実はレーシックにもちょっと興味があるのですが、なかなか踏み切れずにいます。

タグ

05/21/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の雑学

視力回復メガネ

私の視力が悪くなったのは、入社してパソコンを良く使うようになってから。

元々、乱視があって、物がボヤけて見えていたりはしたけれど。
テレビの字幕が見づらくなったり、知り合いを町でみかけても、気づかなかったり、生活に支障が出始めたのは、この時くらいから。
でも、メガネは顔に似合わないことが分かっていたので、コンタクトを購入してみたけれど、以外と手間がかかる。
仕事で疲れて帰って、洗浄・消毒は、面倒で面倒で。
でも、使い捨ては高いから、もったいなくて使えなかったり・・・。

そこで、視力自体を回復できないか、いろいろ調べてみて、見つけたのが、視力回復メガネ。
まるで昆虫の目みたいだけれど、付けてみると、文字がくっきり見える。
乱視の人の方が効果が出やすいとあったので、私向き。
視界に黒いものが入って邪魔してくるので、時々、苛々してしまう事も。
ただ慣れてくると、付けている間は、良く見えるようになる。
外してから、しばらくの間も、回復している。
でも、数分で、すぐに戻ってしまう。
目は、クセがあって、楽な見方に戻ってしまうらしい・・・。
長い時間付けていると、だんだん、それがクセになって
視力が回復してくるらしい。
確かに、付けていると、外してから戻ってしまう時間が増えてきた。

これからも続けていくと、回復メガネから卒業できるかも。
ただ見た目が怪しすぎるために、外では使用できないのが、残念。

タグ

メガネやコンタクトを使ってきた体験

中学生のときから視力が悪くなりメガネを作ってもらいました。
当時のメガネは高価だったので簡単に買い替えてもらえず、なんと高校を卒業するまで6年間も同じメガネを使い続けていました。

大学生になり、やっと新しいメガネを新調してもらいましたが、
「これじゃ、見えなかったでしょう」
と、メガネ屋さんから驚かれました。

子供は身体の成長にともない近視が進行するそうです。
見えずらいメガネを使うのは頭痛や肩コリの原因にもなりますし、集中力も低下させるなど様々な影響が起こります。
年に一度は度数が合っているかチェックしてあげることが大切になります。

大人になりコンタクトをつけるようになりました。
ハードでお手入れが面倒でしたが視界はクリアになりました。
10年ほどコンタクト生活を続けると目の充血が気になってきました。

眼科に行くとドライアイとの診断を受けました。
ドライアイには小まめに目薬をさすように言われました。
パソコンやスマホなどで目を酷使するアイテムが多いので、時には裸眼で遠くを見たり目薬をさして瞳をいたわることが大切です。

タグ

05/14/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:おすすめ

このページの先頭へ