目の手術を部分麻酔でしました

目の手術を初めて体験したのは私が高校3年の6月でした。
長年、白眼に出来物があり疲れ目や視力低下に悩んでいて目の手術を希望していました。

希望してから6年ほど経ったころにようやく手術出来るようになり入院。
いろいろな検査をして手術。

手術だから全身麻酔でやるものと思っていましたが、手術は部分麻酔で行いました。

目の周りの骨の窪みからズーンと押し込まれるような感じの麻酔注射。

目の上でちらつくメスなどの手術器具。
意識ははっきりしているので先生の会話は全て聞こえます。

手術は無事終わったようで気がついたら私は寝てしまったみたいでした。

目を開いたまま、4時間も….。
初めての体験で怖さよりもワクワク感のが勝っていたのでしょう。

今思えば、目を部分麻酔で手術なんてよくやったなと思ってしまいます。
術後は先生達のケアが良かったのでその後の学生生活を楽しむ事が出来ました。

ただ、もう同じ事はしたくないし怖さが先に出てしまうので出来ないです。

タグ

06/28/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の雑学

レーシックで視力回復

中学生の頃から視力が低下し始め、大学のころには0.1を切る状態でした。
コンタクトを着用していたのですが、ドライアイであり、夕方には目が痛くなっていました。

そこで20歳の時にレーシック手術を受けました。
病院を選ぶ際のポイントは、施術件数と信頼です。

視力は失ったら戻らないし絶対にトラブルが嫌だと思ったので、価格よりも信頼と実績を重視しました。

眼科の専門医の資格を有することはもちろん、過去の実績、病院自体の資質を確認します。

また、実際に手術を受けた人から医師を紹介してもらいました。

実際に手術を行った病院は「南青山アイクリニック」です。
手術自体は、10分程度でした。

麻酔が切れた後は少し痛かったですが、我慢できない程ではありませんでした。

肝心の結果ですが、手術直後は1.5にしてもらい、数年後に1.2で落ち着きました。
手術時は成長期で、術後に視力の変動が予測されたのであえて高めにしてもらいました。

感想は大満足!の一言です。

手術自体は安くはありませんが、先の人生にかかるコンタクト・めがね費用を考えれば高くありません。
また、コンタクトの煩わしさからの開放感はプライスレスです。

レーシック手術に迷っている人がいたら、検査だけでも受ける価値はあると思います。

タグ

06/24/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーシック関連

まさに今、視力低下を食い止めるべく、目に良いツボ指圧を自分でやっています。気持ち良いですよ。効果は…

もともとずっと1.5で遠視気味、視力は良かったのですが、老眼ではないものの、乱視が入ってきて、2メートル先がすべて2重に見えるようになってきたのです。

とても疲れるし、表情がパッとできないのがとてもつらいので、今まさに視力低下を食い止めるべく、視力UPのためのことを、できるだけやっています。

まずは、目のまわりのツボ押しです。 眉毛の下側、上、上側をぐぐーっと押します。

視力低下が気になり疲れる人は、ここがきっと凝っている感じで、痛いでしょう。ここをずっと指圧します。

ツボは、耳にもあります。 
耳たぶの下の方です。視力低下が気になり疲れる人は、耳たぶの下を押さえただけで、その痛さから、そこがツボだとわかるでしょう。

足にも気持い耳に効くツボがあります。
足の甲の人差し指と中指の間の、甲の上を指圧したりマッサージしたりします。

これらは、身体の血流を良くしていくのです。

視力UPへの効果は、やはり人それぞれだとは思いますが、目の調節機能が落ちてきてしまったとき、とても辛く見づらい毎日ですから、少しでも自分の指圧で調子を上げてゆきましょう。

私は少しずつでも効果を感じていますし、目に気合が入るので、自分で調節しようとする力もUPしてきた気がします。

また、マジカルアイという視力回復の3Dイラストを集中して見ることも、欠かしません。

これはスマホのアプリにもあるので、電車の中でも、ちょっと周りから見たら変かもしれませんが… やっています。

タグ

06/20/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:おすすめ

目をこする事なかれ

花粉症つらいですか?私はつらいです。

しかし、絶対に目をこすってはいけません。
私は中学の頃まで視力は両目とも2.0以上ありました。

親の車に乗っている時には道路標識は輪郭が見えたらすぐにその内容まで読むことが出来たので、親から遠くの標識の内容を聞かれることあり、それがくすぐったくも誇らしくクルマに乗るのが大好きでした。

しかし、高校に入学してから花粉症にかかり、目をこすることが多くなりました。

一度目をこすることが癖になるとどうにも止まらず、ある身体測定の日に目をさんざんこすった後に視力検査を受けると視力は0.4にまで落ちていました。

調べてみると目をこすることが原因で、円錐角膜という目の異常になっていたのです。
これは目をこするなどした圧力で角膜が大きく前に膨らんでしまうというものです。

角膜は目のレンズですから形が変わればものの見え方も変わります。私は近視になってしまいました。

その年の終わりにはメガネを作ってメガネ君の仲間入りです。
両親がいい目を持たせてくれたのにもったいないことをしたと後悔しています。

皆さん、周りで目をこすっている人がいたら止めましょう。
また、目をこする癖がある人は周りに言って「もし私が目をこすっていたら止めてくれ」と頼みましょう。

一度癖になると自分でやっていてもわからなくなるものです。
私は今でも自然に目のところに指を当てようとしてドキッとすることがあります。

目は一度駄目になってしまうともとに戻すことはほとんど不可能です。
ですので、今ある目を大切に使いましょう。

タグ

06/17/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の病気

目を守る為に

目というのは様々なものを認識する為にどうしても必要ですよね。
けれど視力が低下してしまったり、病気になってしまったり。

目というのは実はとても繊細ですから、気をつける必要があります。

目の疲れを取る為によく目元を揉むという話を耳にしますが、それはとても良くないそうです。

確かに目の疲れは取れると思います。
が、その行為が実は視神経を傷付けているのだそうです。

目を圧迫する事によって神経が圧迫される故でしょう。
視神経の傷は、歯と同じで治るものではないそうです。

傷が増えてしまえば最悪の場合失明してしまう緑内障や白内障など、目に関する恐ろしい病気を引き起こしてしまうのだそうです。

私はこれらを予防する為に、あまり目に負担を掛けないようにしています。

目に良くないとされるブルーライトを防ぐ眼鏡を掛けたり、パソコンやスマホを弄る時は明るい所で弄ったりしています。
後は目薬ですね。

私は最近CMに出ている「養潤水」という目薬を愛用しています。
これは眠っている間に目の細胞を修復する力を助けてくれる目薬です。

差し心地も良いので、是非一度使ってみてください。

タグ

06/14/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:おすすめ

このページの先頭へ