運動と視力

私は視力0.1以下でコンタクトとメガネを併用していますが、運動のときは煩わしく感じることが少なくありません。

特に野球やサッカーなど球技をやるときはそう感じます。
できればコンタクトを使用したいのですがドライアイ持ちなので紫外線防止も兼ね屋外の運動のときにはサングラスをかけるようにしています。
サングラスと言っても、濃いサングラスではありません。というのもそれを掛けると“できる”ヤツと勘違いされそうなので、透明グラスを愛用しています。

ただ日頃思うのはこれほど運動をし、球技では懸命に球を追い、視力に悪いどころか良いことをしているはずなのに視力回復の実感が全くありません。
眼は、水晶体の厚さを調節する毛様筋の働きで近くを見るときは厚くなり、遠くを見るときは薄くなるので自分が運動中は相当鍛えているはずなのですが、視力回復にはつながらないようです。

良く言われる老化が進むと運動能力も落ち、それが気持ちにも影響すると。そしてそれは眼の老化にも原因があり、視力が落ちると運動意欲も減退するということです。

ですからもし自分が運動をやめるとそれは視力老化の第一歩になるのでと危機感をもってこれからも運動だけは続けていこうと思います。

タグ

動体視力と得意なスポーツ

動体視力ってスポーツ選手などの話でよく聞きますよね?!

この動体視力って実は2種類あるんだそうです。

ひとつは、DVA動体視力といって、目の前を横切る動きを判断する動体視力。
これは、横(左右)の動きだけでなく、上下の動きも含まれます。

もうひとつは、KVA動体視力といい、前後方向の動きを判断する動体視力です。

そう聞くと、スポーツ選手でも得意な動体視力が違っているような気がしますね!

野球など前から速いスピードで飛んでくるボールを見極める動体視力はKVA動体視力でしょうね。
猛スピードで疾走するF1ドライバーもKVA動体視力が発達してそうですよね。

もうひとつのDVA動体視力が発達している人に向いているスポーツは、サッカーやラグビーなど広範囲でボールの動きを追うスポーツでしょうか。また野球でもボールを打つ間際にはDVA動体視力が必要になるようです。

こう考えると、やりたいスポーツによっても動体視力のトレーニングが変わってくるわけですね。

タグ

動体視力がアップするメガネ

動体視力を上げるトレーニングに、どんなものがあるか知っていますか?

野球選手やバレーボール、テニスの選手などは、
時速何十キロメートルもの高速の球に対応する動体視力が求められます。
そのために、トレーニングマシンを用いた反復練習を繰り返し繰り返し行います。

でも、あれって、動体視力をあげるというよりはむしろ、
体に覚え込ませる、反射神経をあげるというほうが大きいそうです。

では、動体視力を上げるためにはどうすればいいのか、
実はおもしろいものがあります。それは、「メガネ」です。

そのメガネをかけてトレーニングすれば、動体視力がアップするというのです。
どんなメガネなんでしょう???

そのメガネは『プライマリー』といいます。
プライマリーは、 動体視力トレーニングメガネ、ストロボメガネ、
シャッターゴーグルなどと呼ばれているそうです。
仕組みがどうなっているのかというと、レンズ部分に液晶の点滅システムが
搭載されていて、被写体にストロボ効果やスローモーション効果が生まれ、
ボールの回転が見えたり、球とラケットのインパクトの瞬間が見えたりするんだそう。

イメージできますか?
暗闇で激しいフラッシュが連続でたかれると被写体は
静止画が連続しているように見えて、なんだか止まっているような見え方をしますよね。
あれが、メガネによって行われるってことなんですね。

使い方は1日15分、週に3回、プライマリーを装着して、いつもどおりの練習をするだけ!
なんと簡単なこと!!
ちょっと怪しいんじゃ・・と思いますが、安心なことに、このプライマリーは
バレーボール日本代表の練習に用いられたりしているそうです。
価格も39,800円とそこまで高くないので、
動体視力を上げたいと思っている人は購入してみてもいいかもしれませんね!

タグ

動体視力アップトレーニング遊べる無料ゲームまとめ

ネット上で無料でできる動体視力ゲームやトレーニングを紹介します。

視力回復トレーニングと併用することで効果があるかも・・・

オモシロ系

ボールをよけるゲーム←リンク切れ
ゲーム4

海外のサイトだが面白かった。159でやられた。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ