外斜視について。私の体験談です。

私は右目が外斜視です。
これは生まれつきの先天性ではありません。
詳しくは覚えていませんが、高校生くらいの時に、目の炎症で眼科を受診した時に、「視野がずれるんです」と話をした事を覚えています。

しかし、当時はお医者さんに「自力で視野を戻せるのならば大丈夫」とだけ言われたのです。
その時はそれで治療等はせず、終わりました。
その後、私の目は現在のように黒目の部分が外に動く等という事はなく、そこまでひどく視野がずれる事もなく過ごしていました。
その頃の写真を見ても、しっかり両目がカメラを向いています。
外斜視が酷くなったのは23歳で結婚と出産をしてからでした。
というよりも、結婚後、主人との関係が悪くなり、ストレスが溜まるようになってからです。だんだん、視野がずれるようになっていったのです。
気付くと、例えば右側にあるものが真ん中にあるように見える、という感じになっていました。
そして鏡で目を見ると、完全に黒目の部分が外側、つまり右側に自分の意思とは関係なく動いてしまうようになっていたのです。
力を入れると右の黒目は真ん中に戻りますが、力を抜くとすぐに右側に動いてしまう、といった状態でした。
それに気づいた私は、大慌てで近所の眼科に行きました。
その眼科で、いろいろな検査をしたのですが、どの検査でも視野のずれがとても広かったのです。
さらに涙の量も検査するととても少ない事がわかりました。

そこで言われたのが手術の話でした。
当時の私は怖くて、やると言えませんでした。
この時は、涙と同じ成分の点眼薬をもらい終わりでした。
その後、点眼薬を使い続けましたが、視野のずれはひどくなる一方でした。
そこで父に相談した私は、手術する道も考え、街の有名な眼科に行くことになりました。
そこで初めて聞いたのが「外斜位」という言葉でした。
外斜視になる一歩手前なんだそうです。
自力で視野を戻せるのが外斜位だと言われました。
そして、この状態ではまだ手術はしなくても大丈夫、訓練で何とかなるという事でした。

その後、訓練を続けていますが、よくなっているのかは疑問です。
この斜視というのは、下を向いてぱっと正面を見た時に、すぐには焦点が合いません。
それがコンプレックスで、私は人の目を見て話すのがとても苦手です。
もしも訓練を続けてもこのまま現状が続く場合は、手術も考えています。

タグ

04/27/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:視力検査

近視になってはいるけれど

気がついたときには視力を悪くしていて、小学生の頃からメガネをかけていました。

そして年々視力は悪くなる一方で、0.01という消費税率よりも低い数値を毎年たたき出すようになりました。視力検査では裸眼で一番大きいCのマークも見ることができなくて、自分自身で見える位置まで歩いていったり、逆にCのカードを持った病院の人が見えると声を掛けるまで近づいてきたり、という見える人にとっては冗談のような検査をしていました。

日常でもメガネ無しではなにもできないものですから、ほんと視力だけはなくすものではないと、いつも痛感するのです。

これから歳をとって、老眼も患うようになってくると、もともと近視の人はさらに辛くなると聞きますので、余計にそう思います。

だからといって、レーシックなどの視力回復の手段を検討しようとは今のところはまだ思ってはいません。
やはり直接眼を触る施術には、若干不安があります。

それはまだ新しい技法だから、年月を十分に経たらどうなるかがわからないということや、無いわけではない失敗してしまった場合の身体的負担がかなりのものだから、というのが理由です。

もっといわゆる弱視、の状態になってしまえば、実際に視力回復にたいして考えていかないといけないのかとは思いはしますが、メガネやコンタクトという視力矯正の手段でなんとかなっているので、今のところは現状維持といった感じで考えているのです。

タグ

02/10/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:視力検査

小学生低学年のウチの子のこと

先日学校での視力検診で1.0以下のB判定<要受診>の手紙をもらってきました。

読書が好きで、つい夢中になって暗がりでも本を読んでいます。
もちろん注意はするのですが聞くのはその時だけ。
目が悪くなるのも時間の問題だなと覚悟はしていました。

しかし、こんなに早く<要受診>をもらってくるとは…

眼科に行ってキチンと計測してもらったらギリギリの1.0でした。
「学校では落ち着いて検査出来なかったのかもしれませんね。」
と、言われました。

それからというもの、子どもも自分から気を付けて姿勢よく明るいところで本を読むようになりました。
クセになってしまった生活習慣を直すことは容易ではありませんが子どもなりに頑張っているようです。

私も視力回復のためいろいろ調べては試すようになりました。

ジャムやヨーグルトなど目にいいといわれる
<ブルーベリー>
を積極的に摂り入れて身体の中からの改善。

読書のような近いものを見るだけでなくて遠くの景色を見るように心がける。

これ以上視力が低下しないように家族で努力中です。

タグ

02/06/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:視力検査

私の視力低下について

私は現在23歳なのですが、視力は0.2です。
ところが、高校入学時(15歳)はまだ1.5でした。
なぜここまで視力が落ちたのか…。

残念ながら勉強のせいではありません。
ゲームでもありません。ゲームは大好きで、昔から長時間していたのですが、全く目が悪くなることはありませんでした。
実際の理由は、PCの長時間に渡る使用でした。
「ゲームで低下しなかったにも関わらずなぜ?」と思うかもしれません。
私も当時は、それは感じました。
しかし、今になってよく考えてみると、『暗い場所』での使用が多かったように思います。
夕方薄暗くなった時に照明を付けずに使い、夜中にリビングで親が寝ている隣で照明を落とし使い。
これが長期間続いた訳ですから、当然視力は落ちますよね。
また、画面までの距離も近かった気がします。
テレビゲームはある程度離れないとやりにくかったのですが、PCゲームは近い方がやりやすいゲームが結構あったため、
画面からの距離が20cm以下ということが多かったと感じています。

やはり、周囲の明るさと、画面までの距離というのは非常に大事だと思いました。
可能ならば、今から過去に戻り、「せめて明るい状態で離れて使え!」と自分に言ってやりたいです。

タグ

11/15/2013 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:視力検査

パソコンで簡単視力検査

今、自分の視力がどのくらいかご存知ですか?

「ちょっと目が悪くなったかも?」「ちょっと視力がよくなったかな?」と思っても、自分の視力ってなかなか測る機会がないですよね。

わざわざ眼科で見てもらうほどでもないし、家族を巻き添えにして「あっち!こっち!」とするのもなんだかなーと思って、パソコンで簡単に視力検査できるツールはないかと探してみたら、ありました!
あなたの視力 今いくつ?

できれば、ダウンロードせずに使えるものがよかったので、flashで簡単に視力検査できるサイトを見つけました。

このように、10円玉の大きさを設定することによって、PCの環境や表示サイズが違っていても、調整して視力検査することができます。

視力の測定方法もリングの開いている方の矢印をクリックするだけで、いたってシンプルです。

とても簡単に測定できるので、視力の気になる方は一度試してみるのもいいかもしれませんね。

タグ

01/18/2013 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:視力検査

このページの先頭へ