めちゃめちゃ簡単。レーシック。

周りの友人が数人レーシックを受け、眼鏡もコンタクトもいらない。朝起きたらすぐ時間がわかる快適な生活を送っていました。

しかし、なかなか勇気がわかず受けたいと思いながら3年経過した時、海外赴任が決まりました。

初めて海外で生活した1年半は、それと同じ期間分、1年半分のコンタクトレンズを持って行きましたが、かなり面倒だったしコストもかかるので、この機会にレーシックを受けました。

インターネットで色々調べ良さそうなクリニックを3店舗ほど回り、検査と説明を受け一番良心的だと思ったクリニックで施術を行いまた。

レーシックの手術は、想像以上に簡単で手術室に入ってから出るまで5分かかりませんでした。しかも、手術台から降りる時「まだ眼は開けないでください」と言われたものの、少しだけ目を反射的に開けると、「見えた!!」多少ぼやけていたものの、100%確実に見えているのが分かりました。

手術後数時間は、変な違和感がありましたが確実に見えていることには変わらず、まるで魔法にかけられているようでした。

こんなに簡単なら、もっと早くに手術を受けるべきだったなと思います。

タグ

11/11/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーシック関連

私のレーシック体験記

今から約8年前に、私はレーシック手術をしました。
小学生の頃から視力が悪くて、近眼で分厚いメガネをして過ごしていました。

年ごろになって、コンタクトレンズを嵌めて過ごしていたけど、ハードレンズはゴミが入ると地獄の苦しみの痛さでした。

子どもを産んでからすっかりメガネ生活になっていたのですが、周りにコンタクトの方が良いよ。

コンタクトレンズにしなよ。と言われてしまい、コンタクトレンズを入れてみたら…

子どもを産んだからか、体質がすっかり変わっていて、目が真っ赤になるようになっていました。

眼科に行ったら「ドライアイ」と言われてしまって。ソフトタイプのレンズにしたら、扱いになれていないからから、目に張り付いて取れなくなったりして散々でした。

そんな時に、レーシック手術の事をネットで知りました。
目の水晶体をカットして調整し、視力が良くなる。
私は、いろいろ迷ったけど、病院へ行ってみる事にしました。

行った病院は、新宿の「神奈川クリニック眼科」です。

西新宿アイランドタワーの35階にあります。目じるしは、赤いLOVEのオブジェが外にあるビルです。

視力0.03だったのが、レーシックしたら、1.0に落ち着きました。

病院も綺麗で、凄いな〜って思いました。診察前の待合室は飲み物が無料で飲み放題でした。広いし。

手術後に行く待合室は、狭くて、床に何かシミ?があったりして、「あれ?」って思ったけど…

でも、手術は大成功。やって良かったです。今は、メガネ生活なんて考えられません。

タグ

11/08/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーシック関連

レーシック手術の感想

私は約8年前に、新宿の「神戸神奈川アイクリニック」でスタンダードレーシック手術を受けました。

手術は1番安いけど、執刀例が多くて安心だと言われて決めました。

手術当日は、付き添いの人を連れてきてと言われたので、主人に付き添ってもらいました。

目薬の麻酔をされて、台の上で目を固定されて赤い光を見るように言われました。

手術は凄く簡単に進んで、全く痛みも無く、赤い光を見るだけで、まるでゲームをしているような感覚で終わりました。

数十分であっさり終わりました。
そのあと、休憩室で少し休んで、いよいよ目を開けました。

びっくりしました。凄く良く見える!
今まで0.03だった視力が1.5になっていました。
急に良く見えるようになって、少し気持ち悪くなったくらいです。

その日から毎日、透明なゴーグル(花粉症の人がかけているような物)を1カ月かけて、決められた時間おきに目薬をして過ごしました。

1カ月後の検診では、視力は1.0に落ち着いていました。

あれから8年。今も、視力は1.0です。目が覚めて、すぐに周りがはっきり見える生活は安心です。

タグ

10/31/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーシック関連

レーシック手術

子供の頃から目が悪かった私は二十歳を過ぎたころから視力矯正「レーシック」に興味を持つようになりました。

一回の施術で視力回復できるというのはとても魅力的でした。
旦那も目が悪かったので一緒に施術を受けることにしました。
まずは眼球が施術に対応できるのかを調べる必要があります。

日頃からコンタクトをしていればコンタクトを外して眼球をもとに戻して置く必要がありました。

数週間が経って施術を行いました。
ベットに横たわり眼球を固定されました。
施術は数分で終わりました。

眼球にレーザーを当てる痛みよりも眼球を固定された痛みの方がとても痛かったです。

施術後は痛みと目の渇きですぐにはまともに目が開けられないような状態でした。
それでも視界はとてもよくなりました。

施術当日は痛みがあったものの次の日には痛みもほとんど感じられないようになっていました。

今でも視力は1・0以上あります。間が見えるというのは本当に快適だと改めて実感しました。

タグ

10/14/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーシック関連

レーシック手術をするまでとその10年後

私は、中学生の時に視力が落ち始め、高校からずっとメガネを使っていました。

コンタクトをしていた時期もあるのですが、ハードはすぐ痛くなってしまうし、ソフトはすぐ目が結膜炎等になってしまって、相性が悪く長く続けることができませんでした。

ずっと、メガネがコンプレックスだったので、レーシック手術のことを知ったときは、いつか受けてみたい手術であこがれになりました。

10年前だったので、今のように10万円程度で受けられる手術ではなかったのですが、お金を貯め、何とか手術が受けられることになり、いろいろと病院を調べ予約を取り検査に向かいました。

検査は手術が受けられる目かどうかを調べるもので、私の眼は手術ができる状態だったので、その場で手術の説明、手術日を決めて帰宅をしました。

とっても、不安でしたが、病院での説明がとても丁寧で、不安なのは当たり前、いつでもなんでも聞いてくださいと、一つ一つ耳を傾けて私の不安を取り除いてくれたので、最終的には安心して手術を受けることができました。

それから10年後、当時1.5あった視力は落ちてきていますが、まだ、日常で困ることはなく、免許の更新もメガネなしで先日パスしてきました。

なんとなく、老眼が来てるかも?と思うときは、あるものの、高校生時代から10年以上のメガネコンプレックスから解放され、満足な毎日を過ごしています。

これ以上、視力が落ちないほうに、気を付けて生活していこう(ブルーベリーアイを使用中)と思います。

タグ

07/15/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーシック関連

このページの先頭へ