私のはじめてのメガネ

私は、学生時代、視力2.0を誇り、視力検査のときは下まですらすら読めて友人にうらやましがられたものです。
そんな私が、とうとう眼鏡をかけることになりました。

きっかけは辞書、漢字を調べようと辞書を引いたら、横棒が何本なのかよく見えないのです。
この辞書、印刷がかすんでいるのかしらと思っていたらどうも若い人には見えるらしい。
そう言えば、この頃新聞を読むときに離して読むようになっていました。
夫からそれは老眼だろうと言われ、半信半疑で眼鏡店に行き、調べてもらいました。
機械の前に座り、中の窓を覗くと分かるらしいのです。
検査のあと、お店の方が「お客様、立派な老眼でございます。」とにっこりして言われました。
はー やっぱり。
そのまま、そこで老眼鏡を作りました。

数日後に受け取りにいき、かけて見るとよく見える!!
新聞の字もクリアです。
最初は慣れずに少しくらくらした感じがありしましたがすぐに慣れました。
人生初のメガネライフです。
今では生活にかかせないものになりました。

タグ

04/15/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

視力が落ちた経験について

私はもともと子どものときから視力はいい方でした。
周りには結構メガネやコンタクトレンズを使っている友達がいましたが、私は学校の視力検査ではいつも1.5や2.0でした。

暗い所でテレビや本を見たりもしていましたし、特に視力が落ちないように気をつけていることもなかったのに視力が落ちることはなかったのでそういう恵まれた体質なのだと思っていました。

ですが、悪くなるときは一瞬で悪くなるものですね。
私の場合は、大学の授業の課題でレポートを書くために使ったパソコンが原因でした。

それまでもパソコンを使ったことはあったのですが、長くても30分程度でパソコンに何時間も向き合うのは大学のレポートを書くときが初めてでした。

やっぱり何時間も真剣に至近距離からパソコンに向かっているとすぐに近視になってしまいました。

自分では最近遠くが見えにくいから少し視力が落ちたのかな、1.0ないかも、という程度の意識でいたのですが、実際視力を測ってみると、0.2くらいまで落ちていました。

かなりショックでしたが、それからはパソコンを使うときはなるべく意識的に瞬きするようにしています。

目は大事なので、気をつけないといけませんね。

タグ

02/14/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

目について考えてみました。

私が眼鏡をかけるようになったのは高校生になった頃でした。

それまでは両眼1.5あり、よく見える目でした。

何故急に悪くなり出したのか、思い当たるのはやはり姿勢が悪く勉強の時かなり近くで読み書きしていたことでしょうか。

あと、これは確証はないのですが中学生の頃母親は朝の早い時間にパートに出ており朝ご飯やお弁当も自分で好きに作って食べていました。

好きな物を食べるということは栄養も偏っていただろうし成長期に必要な十分な栄養素を取れていたかも怪しいところです。

そのようなことの積み重ねが視力の低下に繋がったのではないかと思います。

そして、落ち始めた視力はあっという間に0.1未満になってしまいました。

後悔は先に立たずです。

若い頃は、容姿を気にしてコンタクトを使用していましたが結婚してからはずっと眼鏡をかけています。

この眼鏡もかなり曲者で、子どものおもちゃにされたり梅雨の湿気の多い時期、夏場冬場の内外の温度差、温かい物を食べた時などに真っ白に曇ってしまい我ながらコントのようだと思ってしまいます。

時代は進んでいるのだから何か良い解決法があればいいのにと思います。

タグ

01/24/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

抵抗のあった眼鏡

私は眼鏡をかけています。
中学のときから視力は落ちてきて、黒板も殆どみえていませんでしたが、眼鏡をかけることにとても抵抗があり、毎日目を細めて授業を受け、先生から「そんなに見えないなら前に来い!!」と言われながら過ごしました。
高校生になると、授業中だけ眼鏡をかけました。
そのせいか、たまに外に出るときにかけたままにしていると、感覚が裸眼と違うからか階段から落ちそうになることが多々ありました。
ずっとかけていればいいものを、やはり抵抗があり。。。
大学生になり、コンタクトレンズにしました。私の学生時代はまだハードが主流で、しかも私は乱視だったのでソフトでは矯正が効かないといわれました。
幸い、ハードコンタクトが私には合ったので、一日つけていてもさほど苦にならずに過ごしました。
結婚した今では一日中眼鏡生活です。
子育てもあり、一番お手軽なので。
はじめは眼鏡をかけて車の運転は怖かったのですが、今は、体の一部になりつつあります。
ただ、この夏、眼鏡の鼻当て部分にシミが!!かなりショックを受けています。
今、ソフトコンタクトにしようか検討中です。
やっと抵抗なくかけられている眼鏡なのですが、美容には勝てないかも。

タグ

01/17/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

コンタクトのありがたさ

私は、目が悪いです。
メガネとコンタクトが欠かせません。裸眼だと何も見えなくなってしまうからです。
小学生の時から、メガネをかけています。
年頃なのでめがねをかけることに抵抗があったのですが、かけなければ見えません。嫌々かけていました。

中学生になってから、コンタクトに変えました。
メガネをかけたくなかったので、コンタクトになったときは嬉しかったのを覚えています。
最初、コンタクトを目に入れるときはこんなものを目に入れるのかと恐ろしかったです。
でも、慣れてくるとコンタクトのありがたさに気づきました。

ですが、コンタクトにもデメリットはあります。
それは、目に負担がかかること。目に入れるので当然です。

最初は、ソフトコンタクトを使っていました。
ソフトコンタクトはレンズが大きめで、柔らかいのが特徴です。私はソフトコンタクトの方が好きでした。
眼科に行ったときにハードコンタクトの方が目にかかる負担が少ないといわれ、ハードコンタクトに変えました。
なかなか慣れませんでしたが、今はようやく慣れてきました。
目を大切にしながら、これからもコンタクトを頼りにいろんなものを見ていきたいと思います。

タグ

01/13/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ