遠くを見るだけで視力回復

小学校の入学時の身体検査で、左の視力が0,2しかない事に両親は驚きました。
視力低下の原因は、いつも左目を下にして、テレビを見ていた事だそうです。
それから眼鏡の生活です。

昔は今と違い、薄いレンズの眼鏡がなく、牛乳瓶の底のような眼鏡で、右目が2,0ある私は、片目だけ大きくなる事がとても嫌でした。

3年生ごろになると、勝手に眼鏡を取って生活していました。
学生時代は視力は変わらず0,2でした。
大人になり、右目は良いので、別に支障はありませんでした。

ただ、子供の頃、親に遠くのものを見ると視力が良くなるからと言われ、家から見える遠くの木を見せられていました。

それを思い出し、遠くを見る意識はしていました。

海に行った時は水平線に見える船をじっと見たり、山へ行ったら、山のてっぺんや木をじっと見ました。

運転免許取得の際は、要眼鏡だったのに、免許更新の時には左の視力が0,8まで回復していました。遠くを見る以外は何もしていませんし、眼鏡もかけていません。

遠くを見る事が視力回復につながったのではないかと思います。

タグ

12/20/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

目は使う方が良くなる!

小学生のお子さんが、ゲームを見てばかり、パパが仕事でパソコンを見てばかり!これでは、目が悪くなる一方ですね。

何か簡単に、視力が良くなる方法は無いでしょうか。
あるんです!まず、最近「寄り目」をしましたか?

昔の子供は、遊び道具も少なくて、こんなことばかりしていましたが、道具も時間も必要ない、こんな、寄り目がしっかりできると、視力の低下が、随分防げるんですよ!

近くの物を見る時、遠くの物を見る時、その距離に合わせて、目は、水晶体というレンズの厚みを、筋肉で引っ張ってコントロールしています。

近くを見る=厚いレンズが必要な時は、弱く、遠くを見る=薄いレンズが必要な時は、強く、目の周囲の筋肉が、引っ張っています。

じっと、同じような距離のものしか見ない、目の使い方をすると、筋肉の弾力が失われ、レンズのコントロールが効かなくなります。

また、年齢で筋肉が衰えると、老眼に移行していきます。

そこで、視力の維持に役立つ、目の使い方ですが、それは、目の筋肉の筋トレです!寄り目、グルグル目!しっかり近くを見た後、しっかり遠くを見る、を繰り返す、など、目の筋トレだと思って、意識して違う距離のものを、しっかりと見る時間を、1日3分程度作ることです!!

私は、小さい頃から仮性近視ですが、悪くなってきたなという時に、この目の運動をすることで、回復できています。

娘がゲームを続けたら、その後は、しっかり遠くを見るように、声をかけています。

今のところ、娘はゲームやパソコンをかなり使いますが、視力は低下してはいません。

タグ

12/12/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

幼年期における視力低下の原因について

視力の低下は子供の頃の生活習慣が大きく影響すると思います。

漫画の読みすぎ、ゲームのやりすぎを視力低下の原因にあげる人が多いのですが、それらの行為自体が直接的な原因ではありません。

むしろ漫画を読む場所などの環境、ゲームを行うときの姿勢などが問題にすべき点であると思います。

具体的には、明かりに背を向けて漫画を読んだり、寝そべりながらゲームをしたりする行為が視力低下の原因となります。

当たり前のことですが、漫画は常に明るいところで読む、ゲームはきちんと座った姿勢で行うなどのルールを守らせる必要があります。

当然、定期的に休憩を取って目を休めるという習慣をつけさせることも重要です。

また、絶対に行ってはいけない行為としては、乗用車の中での漫画やゲームとなります。

乗用車での移動中は子供は退屈なため、後部座席等で漫画を読んだり、携帯ゲームなどを行う場合も多いと思います。

しかし、乗用車は非常に揺れるため、目標物に対して目の焦点を合わせずらいことから、通常時よりも目の疲労感が大きくなるのです。

なお、幼年期であれば、初期の近眼であれば比較的簡単に治癒することがわかっています。

子供の視力が落ちたと思ったら、迷わす眼科で診てもらうことをお勧めします。

大抵の場合、目の筋肉を緩める目薬を処方されますので、同目薬と目のトレーニングを実施することで、視力を回復することが可能です。

タグ

11/18/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

視力回復のために気を付けていく事

最近はパソコンやスマホが主流となり、視力が悪い人がどんどんと増えていると思います。

成人して裸眼っていう人の方が周りでは少ないように感じています。

そんな世の中で、最近は本屋さんなどでも、視力回復メソッドなどという本が売っています。

とにかくパソコンやスマホなどの作業は、ずっと同じ場所を見つめているので、目の筋肉がずっと緊張した状態になっており、眼精疲労やドライアイなども引き起こし、目にとって本当に悪いです。

それで視力も悪くなってしまうし、でも仕事などで一日中パソコンを使わないといけない事もあるので、それらの機器の使用は避けられないです。

なので、適度に1時間したら10分などパソコンから目を離すなど、工夫しないといけないと思います。

仕事上忙しくて無理でも、肩を回したり、目の視点を変えて、遠くを見つめるなどして対策をしていなかいといけないです。

目の血流が滞ると、肩こりなども引き起こしますし、目もストレッチし、身体もストレッチしたり、少しでも血流を考えて目をいたわってあげたいですね。

タグ

10/21/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

急激に視力が悪くなってしまった話

私は中学校2年生ぐらいのころまでは視力が1.5と正常な数値でした。
しかし、わずか半年後に視力が0.7に、その半年後には0.3にまで落ちてしまいました。

その原因を自分なりに考えてみたことがあります。
原因はゲームであると思います。

私は上記した中学2年のときに自分の部屋を持つことになったのですがスペースの都合上で私が普段座る位置とテレビとの距離が
近くなってしまいました。私はテレビはあまり見ない生活を送っていたのですが、ゲームはものすごくやります。

思い当たる原因はそれだけです。
たったそれだけで視力がこんなにまで落ちてしまうとは当時は思ってもいませんでした。

視力が落ちてしまった今思うとテレビから離れてゲームをするだけで視力の悪化を避けられたかもしれないのに、なぜそんな簡単なことをしなかったのだろうと後悔しています。

視力は他の体の部位とは違い、一度悪くなってしまうと回復が困難なものですからみなさんも後悔のないように目に対して意識しながら生活してください。

タグ

10/07/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

このページの先頭へ