二度とかかりたくない流行性角結膜炎

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の春、急に目に違和感を感じて眼科を受診したら、流行性角結膜炎と言われました。
俗にいうはやり目です。

目が赤くなってべちゃべちゃした目やにが出て痛みもありました。
朝起きると瞼がふさがっていることもあったほどです。
目やにや充血だけでなくまぶしさも感じました。

外へ出るとまぶしくて目が開けていられないので、仕方なく似合わないサングラスをして過ごしました。

最初は左目だけでしたが、すぐに右目にもうつって大変でした。

とにかく痛くてまぶしくて不快感があって普通に結膜炎の何倍も苦しかったです。
病院で処方された目薬でもすぐに効いて治るわけではありません。

アデノウイルスというウイルスの感染が原因ということで、感染力が強いため仕事も休むように言われました。
眼病で休むなんて同僚にも申し訳なくて…。

それに家族にうつしては大変と思って徹底的に手指の消毒をし、タオルなどを別にして対策をとりました。

幸い、家族に感染はしませんでしたが、完治には2週間以上かかりました。
私にとって二度とかかりたくない病気の一つです。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

08/19/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の病気

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ