飛蚊症

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の病気って本当に怖いですよね。

「もしかすると見えなくなるかもしれない」というのは、誰にとっても恐ろしいものです。

しかし、見えなくなる・ならないに関わらず、視力や視界に関する病気が辛いものだと、わたしは知りませんでした。

仕事で目を酷使するせいか、それとも学生時代の光学実験のせいか、弱冠20代にして飛蚊症に悩まされるようになったのです。

目の前を羽虫のような、ゴミのような小さな黒点が漂う飛蚊症。
加齢によってどうしても発生してしまう症状なのだそうです。

そして何より大きな特徴は、「飛蚊症自体に特段健康上問題があるわけでも、深刻な病気の前兆であることも滅多にないが、治すことができない」という点です。

これを知った時にはがっくりしました。

集中してパソコンに向かっているときなどに、どうしても視界の黒い点が気になってしまうのです。

自分でも驚くほど、ものすごくイライラしてしまいます。
目は大切にしなければいけませんね。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

12/08/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の病気

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ