ドライアイの原因と簡単改善策

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の乾燥した空気が続く季節になってきましたね。
冬場の乾燥やエアコンの風に直接当たって、ドライアイの症状を悪化させる人も多いようですので、みなさん気をつけてくださいね。

ドライアイとは、涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下して、眼の表面を潤す力が低下した状態のことをいい、眼病のひとつです。

ドライアイは眼が乾燥するだけでなく、
・眼が疲れやすい
・眼に不快感がある
・まぶしい感じがする
などの症状も見られます。

軽い症状でおさまることもありますが、放置しておくと症状が強くなったり、症状が強くなった結果、眼の表面が傷ついて、そこから菌が入り眼病や視力低下を招く恐れもあります。

ドライアイになりやすい原因は、、、

・加齢や薬による涙の減少
・ストレスが多い
・不規則な生活をしている
・まばたきが少ない
・部屋が乾燥している
・コンタクトレンズの影響
などが挙げられます。

すぐにでもできる簡単な改善策としては、
・眼を使う作業をしたら、一定時間で眼を休ませる
・意識的にまばたきする
・加湿器を用いて部屋の乾燥を防ぐ
・エアコンの設定や風向きにも気をつかう
・眼科で目薬をもらう
などがあります。

ドライアイは軽視されがちですが、慢性的な目の不快感や視力低下を防ぐためにも、きちんとケアしたいですね。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

01/10/2013 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の病気

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ