遠視とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

近視の反対、遠視。
遠視の場合、ある程度は遠くはよく見えます。
遠くが見えないことを「目が悪い」というのが一般的なので、
遠視の人は「眼がいい」と判断されてしまいがちです。
しかし、それは実は違うんです。
実際は、遠視の場合も目に負担がかかっています。
左右で大きく度数の違う遠視の場合は、特に注意が必要です。
ある程度までの遠視なら、遠くまでかなりよく見えます。
視力検査をすると、2.0だったりします。
遠視の人は、常に目の筋肉を使ってピントの調節をしています。
それはとても疲れることですし、眩しさを訴える人も多くいます。
遠視が原因で眼が疲れたり、肩が凝ったり、
そんな状態が続くこともちらほら。
大人は気づきやすいですが、子供はなかなか気づけません。
上記のような疲れの症状は子供であっても同じです。
もしも、「本を読みたがらない」「落ち着きがない」そんな症状があれば、
一度遠視を疑ってみてもいいかもしれません。
そういう子供は、遠視の可能性も高いそうです。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

08/20/2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の病気

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ