カラコンの危険

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前に比べて、ぐっと身近になったカラーコンタクト。
カラコンという名前で若年層を中心に人気ですよね。
黒目を目を大きく見せてくれたり、ファッションとして素敵だったり、
カラコンを付けるのはおしゃれのためだと思います。
しかしこのカラコン、実はとっても危険なのです。
ある眼科医によると、2か月の間に、10名がカラコン使用による
目のトラブルを起こして来院したそうです。
そもそも、通常のコンタクトレンズは医師の処方が必要なので、
診察を受けた上で購入するのが普通ですが、
カラーコンタクトは通販で気軽に購入できるため、このようなことになっているのかもしれません。
多くはカラコンの装着によって角膜に傷がついているそうです。
「最近、目がしょぼしょぼする」
「とくにコンタクトレンズをはずしたあとに痛みが強い」
そんな症状が出たら、既にアウトかもしれません。
早めに眼科を受診するようにしましょうね。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

11/23/2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の病気

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ