黄斑変性症という目の病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

黄斑変性症とは?

「おうはんへんせいしょう」と読みますがいったいどんな目の病気なのでしょうか?

欧米ではこの病気によってたくさんの方が、失明しています。

50代などの中高年になりやすく、高齢化と共に急増します。

主な症状ですが

ゆがんで見えたり中心がぼやけたりとあきらかに見えにくい状態なのですが

両目で見ると正常に見えることが多いために、おかしいなと思ったときには、

片目での診断を行いましょう。

画像1

約30センチぐらい離れてください。

中央の白い点を片目で見たときにはっきりとクロスの直線が見えているでしょうか?

ゆがんで見えたり、異常な見え方をする場合は、眼科での受診をオススメします。

最先端の対策もあるみたいですね↓

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

10/23/2010 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の病気

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ