市販薬の副作用で失明!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のNHKクローズアップ現代でやっていた特集。

ガクブルものだったので紹介しておきたいと思います。

普段わたしもふくめ、たくさんの人たちが何気なく使っている「市販薬」。

いろいろありますよね。頭痛・生理痛・腹痛・風邪の諸症状。。。

ちょっとあれ?へんだな?と思うと、気軽に手を出しがちなこの市販薬。

ところが、

医師「さまざまな薬が原因になる。」
「ある日突然、健康な方が前触れなく発症する。誰がなってもおかしくない。」

というような、恐ろしい副作用がごくまれに発生するようなんです。

この副作用、スティーブンス・ジョンソン症候群といいます。

特集されていた方は、風邪薬を飲んだことによって、

右目をほぼ失明状態にしてしまったようです。 な・・・なんということ!!

では、このスティーブンス・ジョンソン症候群にならないために、

どうすればいいのか。それを次回のブログで紹介します。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

11/26/2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の病気

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ