レーシックで視力回復

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学生の頃から視力が低下し始め、大学のころには0.1を切る状態でした。
コンタクトを着用していたのですが、ドライアイであり、夕方には目が痛くなっていました。

そこで20歳の時にレーシック手術を受けました。
病院を選ぶ際のポイントは、施術件数と信頼です。

視力は失ったら戻らないし絶対にトラブルが嫌だと思ったので、価格よりも信頼と実績を重視しました。

眼科の専門医の資格を有することはもちろん、過去の実績、病院自体の資質を確認します。

また、実際に手術を受けた人から医師を紹介してもらいました。

実際に手術を行った病院は「南青山アイクリニック」です。
手術自体は、10分程度でした。

麻酔が切れた後は少し痛かったですが、我慢できない程ではありませんでした。

肝心の結果ですが、手術直後は1.5にしてもらい、数年後に1.2で落ち着きました。
手術時は成長期で、術後に視力の変動が予測されたのであえて高めにしてもらいました。

感想は大満足!の一言です。

手術自体は安くはありませんが、先の人生にかかるコンタクト・めがね費用を考えれば高くありません。
また、コンタクトの煩わしさからの開放感はプライスレスです。

レーシック手術に迷っている人がいたら、検査だけでも受ける価値はあると思います。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

06/24/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーシック関連

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ