レーシック手術

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃から目が悪かった私は二十歳を過ぎたころから視力矯正「レーシック」に興味を持つようになりました。

一回の施術で視力回復できるというのはとても魅力的でした。
旦那も目が悪かったので一緒に施術を受けることにしました。
まずは眼球が施術に対応できるのかを調べる必要があります。

日頃からコンタクトをしていればコンタクトを外して眼球をもとに戻して置く必要がありました。

数週間が経って施術を行いました。
ベットに横たわり眼球を固定されました。
施術は数分で終わりました。

眼球にレーザーを当てる痛みよりも眼球を固定された痛みの方がとても痛かったです。

施術後は痛みと目の渇きですぐにはまともに目が開けられないような状態でした。
それでも視界はとてもよくなりました。

施術当日は痛みがあったものの次の日には痛みもほとんど感じられないようになっていました。

今でも視力は1・0以上あります。間が見えるというのは本当に快適だと改めて実感しました。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

10/14/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーシック関連

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ