強度の遠視

このエントリーをはてなブックマークに追加

目が悪いという場合、遠視と近視があるのはみなさんご存知かと思います。
遠視は近くが見づらい、近視は遠くが見づらいという認識の方が多いかと思います。
なので遠視と近視なら遠視の方がなんとなく軽いとかそんなイメージがあるのですが、実はそんなことはありません。
ひどい遠視の場合近くも遠くも見づらくなります。
また、近視は今レーシック手術とか視力回復訓練で夢のように視力が改善する治療が出来るようになっていますが、遠視残念ながらは対象外です。また、近視は超薄型レンズとかがひどい近視で厚みがあるレンズもかなり薄くかっこよく作ることができるようになっていますが、ひどい遠視は不可能なのです。
ひどい遠視のレンズは虫眼鏡のようで本当に悲惨です。
どんな美人も超巨大な目玉によって不気味になってしまします。妖怪を見るような目で見られてしまうのです。
今はコンタクトが普及したしごく稀にしか見かけませんが、どうしてもメガネで外出しなければならない場合の精神的苦痛は計り知れないものです。
ひどい近視の人でも皆目のことで悩まなくなる日が来るのは近いのではと思いますが、ひどい遠視の人に夜明けは来ないのではと思えるのです。
というのも、ひどい近視に比べひどい遠視の人口は少ないというのも、先端医療が積極的に手をつけない理由なのではとも思います。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ