10年前にレーシックを受けました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生時代は両目の視力が2.0ありましたが、20代のなかば頃からだんだんと視力が低下していき、ついにメガネをかけるようになりました。
近眼だったのですが、その後もどんどんと視力が落ちていき年に1回くらいの割合でメガネを作り直していました。
コンタクトレンズも試してみたのですが、乱視が強くてコンタクトレンズでは視力矯正がうまくできなかったことと、どうしても異物感に耐えられませんでした。
ある日テレビの健康番組を見ていたら視力回復をテーマとするものをやっていて、メガネやコンタクトレンズ以外の方法を紹介していました。
はじめは夜の寝ている間に目の角膜を矯正するオルソケラトロジーという方法に興味が湧いたのですが恒久的でなく面倒くさそうな感じもしてきました。
最後の方でレーシックの紹介もしていたのですが、角膜をレーザーで焼くなんてとても恐ろしくて出来ないと思いましたが、後で調べたら有名人なども結構やっているということで受けてみることにしました。
そして手術後10年経過しましたが、視力の変動も無く快適な日々を過ごしています。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ