目の手術を部分麻酔でしました

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の手術を初めて体験したのは私が高校3年の6月でした。
長年、白眼に出来物があり疲れ目や視力低下に悩んでいて目の手術を希望していました。

希望してから6年ほど経ったころにようやく手術出来るようになり入院。
いろいろな検査をして手術。

手術だから全身麻酔でやるものと思っていましたが、手術は部分麻酔で行いました。

目の周りの骨の窪みからズーンと押し込まれるような感じの麻酔注射。

目の上でちらつくメスなどの手術器具。
意識ははっきりしているので先生の会話は全て聞こえます。

手術は無事終わったようで気がついたら私は寝てしまったみたいでした。

目を開いたまま、4時間も….。
初めての体験で怖さよりもワクワク感のが勝っていたのでしょう。

今思えば、目を部分麻酔で手術なんてよくやったなと思ってしまいます。
術後は先生達のケアが良かったのでその後の学生生活を楽しむ事が出来ました。

ただ、もう同じ事はしたくないし怖さが先に出てしまうので出来ないです。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

06/28/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の雑学

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ