視力に関して私が思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力というものは生きていく中で必要なものであることは言うまでもない。

具体的にどのようなことが目に悪く、視力の低下をもたらすということはわからないが少し前までは暗いところで本を読んだり、ゲームをしたりすることが良くないと言われていた。

しかし、最近の研究では暗いところで本を読んだりすることが直接的に視力を低下させるとは言えないということがわかった。

ただし暗いところで細かい作業や読書などをしていると目は疲れてしまい、疲れ目が原因で普段よりも視力が低下しているように感じることが多々あるようだ。

では、具体的に視力の低下をもたらすものはどんなことかというと遺伝というものが一番関係している。

両親が目が悪かったりするとなかなかどうして子供も視力の低下は避けられないようだ。
私は高校生のころまでは視力は良い方で人よりも目はいいほうだと思っていた。

しかし20代になった今では少し視力の低下が気になっている。
少し遠くをみると霞んだりしてしまうのだ。

最近は携帯の画面や、パソコンの画面を注視することが多く目が疲れていることが多く、それももしかしたら関係しているかもしれない。

また、両親も目が良くはないので将来だんだん目が悪くなっていくような気がする。

最悪疲れ目だけでも避けられるように最近では余計な光を遮断できるブルーライトのメガネを使用して視力の低下を防いでいる。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

07/05/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の雑学

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ