視力の変化って不思議。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学生でメガネデビューしました。

近視と乱視が入っているので当時は、メガネを作る時も少し面倒くさかったのを思い出します。

今でこそ、お店で少し待っていれば当日渡しも当たり前になってますから、本当に便利になりましたよね。

その頃は、やはり受験勉強等長時間の学習、集中するとどうしても姿勢が悪くなり、手元が暗くなる位机にくっつく状態が続いたせいでしょうか。

それでもメガネをかけるのが、あまり好きでなかったので、使用しない事も多く、目つきが悪い事もあったかと思います。

運転免許も勿論眼鏡使用でしたが、それが40歳過ぎてからの更新時に突然、眼鏡条件がはずれびっくりしました。

普段、見えても見えなくてもあまりメガネをかけていなかったし、こと運転に関しては全くのペーパードライバーだったので、自覚はほとんどありませんでした。

そして、それを喜んでいたのも束の間。今度は夜や疲れた時など、細かい文字が見えにくくなり戸惑いました。

老眼はある日突然やってくるよ!と周囲の言葉に「まさかー、そんな訳ないでしょ」なんて油断していたのですが。

本当にその日は突然やってきて、再びびっくりしました。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

06/11/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目の雑学

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ