視力・乱視・ブルーレンズに関して。

このエントリーをはてなブックマークに追加

35歳・男性です。

私がなぜ視力が悪くなったのかというと、それは遺伝でした。
父方の家系が乱視で母方は視力が良い方でした。
私自身は小学校4年生まで視力が1.2あり母方に似てよかったと安心していたのですが、その年の夏休みに急に周りの景色が見にくくなり病院に行った所視力が0.2まで落ちていました。

そして、メガネを購入したのですがあまりにも急に度が強いメガネをした為、しばらくは頭がクラクラして自転車に乗るのにも困難でした。
その後、1年経った頃には視力が0.01まで落ちてしまい視力検査の1番上が見えない状態まで視力が落ちました。

今は、眼鏡がないと生活できないのですが度が強いためパソコン仕事をしている自分にとっては肩こりや目の疲れが重大な問題でした。

そんな時に購入したのがブルーレンズ対応メガネでした。
初めは半信半疑で購入したのですが今までですと仕事中に無意識に肩を伸ばしたりの運動をしていたのですが、購入してからはそれもなくなりました。

肩こりなどで困っている方は、是非騙されたと思って使用してみる事をおすすめします。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

03/13/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の雑学

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ