なぜ目が悪くなるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日ごろ、目が悪いといろいろと不便なことがありますよね。

遠くのものが見えない、ぼやけて見える、また近くのものが見えないなどなど・・・

そんなわけで、わたしたち(目が悪い人)は眼鏡をかける、コンタクトをするなどして視力の矯正をします。

しかしそれも慣れてしまうと気づかなくなるものではありますが、非常に面倒なことであるように感じるはずです。

コンタクトは手入れが大変だったり、眼鏡はつけていると激しい動きに弱かったりだとか・・・

目が良かったら少なからず面倒なことは減るはず!

ということで、どうしたら目が良くなるのかということを書きたいところですが、まずはなぜ目が悪くなってしまうのかを書いていきたいと思います。

わたしたちの目は一般的に「カメラ」にたとえられることがあります。皆さんもきいたことがあるかもしれません。

ものを見るとき、わたしたちはそれを光として認識します。それは網膜というところで像を結びます。このとき水晶体と角膜がレンズの役割をして、ピントを調節します。この調節がうまくいかなくなると目が悪くなります。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

03/18/2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の雑学

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ