目にいいビタミンについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日紹介するのは、ビタミン。
目にとってもいい働きをします。

【ビタミンA】

ビタミンAは暗いところで目を働かすために重要です。
これが不足すると夜盲症を発祥することもあります。
また、目の乾燥を防ぐのもビタミンAの働きです。
ドライアイの人は接種した方が良さそうですね。
ビタミンAを多く含む食材といえば、
うなぎ、レバーという動物性のものと、
ほうれん草、人参などの緑黄色野菜、
あとはチーズなどの乳製品にも多く含まれています。
【ビタミンB1、B2】
このビタミンが不足すると、目が疲れやすくなると言われています。
意識して接種した方が良いと言えるでしょう。
ビタミンB1を多く含む食材は、
豚肉、うなぎ、レバー、枝豆、大豆、などの豆類、玄米などです。
また、ビタミンB2を多く含む食材は、
うなぎ、レバー、サバ、サンマ、イワシなどの青魚、
牛乳、卵、納豆と言ったものがあげられます。
【ビタミンC】
充血予防になると言われています。
ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、
キャベツ、ジャガイモなどで接種しましょう。
どうも、うなぎ、レバーはかなり目に良さそうですね。
好みの分かれそうな食材ですが、意識的に
食べるようにした方が良さそうです。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

08/22/2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の雑学

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ