過矯正のコンタクトやメガネは、視力悪化を促進する

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康診断では視力検査がありますね。
その度に、視力が落ちたことが判明し、
今使っているメガネやコンタクトが合わないと感じて、
もう少し度の強いものを作り直す方も多いかと思います。
しかし、ちょっと待ってください。
それ、本当は目にいいとは限らないんです。
目が悪くなったからといって、すぐに新しい度数の
メガネやコンタクトを作るのは、実は悪くなった今より
さらに視力を低下させることにつながります。
さらに、視力回復が難しくなる可能性もあるんです。
度が強めの、過矯正のメガネは目に大きな負担をかけてしまうんですよ。
なぜかというと、目は見たものにピントをあわせるよう
毛様態筋が調整機能を働かせているのですが、
過度矯正によってこの毛様態筋が緊張してしまい、
それによって視力が低下してしまいます。
メガネやコンタクトを作る時も注意が必要ですね。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ