幹細胞を移植で視力が回復

このエントリーをはてなブックマークに追加

ある男性が、見えなくなった右目に正常な右目の幹細胞をとり

それを成長させて移植し彼の視力を復活させることに成功したとのこと。

この男性、喧嘩の仲裁に入りアンモニアのスプレーを右目に吹きかけられた。

激痛などに悩ませられ目を開けるのには2週間、

光に敏感に反応してしまい車の運転もできません。

ここで医師たちが左目の健康な幹細胞を摘出、成長させ移植に成功し

無事に視力を回復させることになりました。

年間に角膜異常で視力障害が

毎年800万人もいるみたいなので今後の研究が期待されます。

今では、乗馬やジェットスキーもできるくらい回復しているとのことです。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

10/30/2010 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の雑学

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ