付けているだけで視力回復できる夢のコンタクトレンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前のブログ記事で、寝ている間に付けていると

視力が回復するコンタクトを紹介したことがありました。

それだけでも、なんとすごい!と思ったものですが、

ついに、寝ている間限定ではない、付けているだけで視力回復するコンタクトが誕生したそうです!

このコンタクトを開発したのはイギリスの大学の研究者。

なんでも、目から移植した幹細胞を使ったインプラント技術がベースだそう。

・・・といわれましても、よくわからないですよね。

そもそも、幹細胞というのは、脳や心臓といったからだのあらゆる器官の

再生を可能にしてしまう成長細胞のことをさします。

今回の研究では、目から移植した幹細胞から、繊細な粘膜部分を作り出すことができたので、

この技術をベースに、コンタクトレンズを作ったそう。

つまり、コンタクトレンズといいつつ、実は細胞みたいなものってことですね。

このコンタクトという名の粘膜を付けることで、幹細胞が増殖して、視力が回復していくそうです。

粘膜なので、からだへの負担もとても少なくいけるということで、

付けていたら目が疲れるとか、目の呼吸が妨げられるなんていうこともなくなるかもしれませんね。

今はまだ研究段階だそうですが、早く実用化してほしいものです!

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

12/12/2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の雑学

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ