抵抗のあった眼鏡

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は眼鏡をかけています。
中学のときから視力は落ちてきて、黒板も殆どみえていませんでしたが、眼鏡をかけることにとても抵抗があり、毎日目を細めて授業を受け、先生から「そんなに見えないなら前に来い!!」と言われながら過ごしました。
高校生になると、授業中だけ眼鏡をかけました。
そのせいか、たまに外に出るときにかけたままにしていると、感覚が裸眼と違うからか階段から落ちそうになることが多々ありました。
ずっとかけていればいいものを、やはり抵抗があり。。。
大学生になり、コンタクトレンズにしました。私の学生時代はまだハードが主流で、しかも私は乱視だったのでソフトでは矯正が効かないといわれました。
幸い、ハードコンタクトが私には合ったので、一日つけていてもさほど苦にならずに過ごしました。
結婚した今では一日中眼鏡生活です。
子育てもあり、一番お手軽なので。
はじめは眼鏡をかけて車の運転は怖かったのですが、今は、体の一部になりつつあります。
ただ、この夏、眼鏡の鼻当て部分にシミが!!かなりショックを受けています。
今、ソフトコンタクトにしようか検討中です。
やっと抵抗なくかけられている眼鏡なのですが、美容には勝てないかも。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

01/17/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ