近視について

このエントリーをはてなブックマークに追加

目が悪い人の大半は「近視」に悩まされていることが多いですよね。

そこで今回は近視のなぜ起こるのかを述べていきたいと思います。

人の目は角膜と水晶体がレンズの役割をしていてピントを合わせることで見えているのですが、そのピントがあわなくなることを「屈折異常」と言います。近視とは、その屈折異常が網膜より前でピントがあってしまう状態のことを言います。

近視には二つの原因があります。
「単純近視」と「病的近視」です。
まずは、単純近視について説明したいと思います。

近視の人の多くがこの症状であります。わたしたちがものを見るとき水晶体が膨らんだり、薄くなったりしてピントを合わせています。近くをみるときにふくらみ、遠くを見るときは薄くなります。

この水晶体が厚く膨らんだまま、ピントがあわなくなった状態が単純近視です。

一方、病的近視は、眼球の長さが伸びすぎてしまい、角膜から網膜の長さが長すぎるために起こるものです。これは、遺伝的要素が強いため、通常なる人は少ないとされています。しかし、子供が近視になると眼球が正常に発達しなくなりなるケースもあるのだとか・・・

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ