すぐできる! 目を大事にするためにする3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は視力が0.1未満しかありません。

メガネをかけてやっと1.0になりますが、近視と乱視が重なっていることもあり、かなり分厚いレンズになってしまいます。

子供の頃、親から「目が悪くなるから、暗いところで本を読んじゃ駄目だよ」とよく言われたものですが、後の祭り……。

そこで、大人になってから私が気をつけていることをお教えしたいと思います。

1.夜はスマートフォン・携帯を使わない

これは一番気をつけていることです。
寝る前に軽く調べものをしようとスマホを使い始めると、いつの間にか30分が経過……なんてことも多々あります。

しかしこれがものすごく目に悪いのです。
真っ暗な寝室でスマホの画面を見ていると、確実に使い終わった頃には目がちかちかします。

調べものはスマホでなくパソコンで、どうしてもスマホを使う必要があるときは画面の光度を低くして使うようにしています。

2.ストレスを溜めない

これも重要です。
私はストレスが溜まると身体に影響が出やすくなるのですが、特に顕著な部分が目です。

ストレスを感じる生活をしばらく続けると、目の周辺がピクピク痙攣し始めます。

長いときには2週間以上、毎日ストレスを感じる場所に行くたびに症状が起きていました。
なので、今は気持ちをできる限り切り替えて、ストレスを溜めないようにしています。

3.1時間おきに目を休憩させる

仕事に集中しているとつい忘れてしまいがちですが、例えばパソコン作業を1時間したら3分間目を休める、などオンオフを切り替えるようにしています。

パソコンの画面から目を離すだけでなく、上下左右に目線を動かして目の運動をしたり、ということも目の健康には良さそうです。

いかがだったでしょうか。

どれも今日から始められる簡単なことです。
もしも目の疲れが取れないと感じている人がいたら、ぜひ以上のことを始めてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

07/11/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:おすすめ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ