目を大切にする習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加

目が悪くしないためには、休むことが大切です。
休むと言っても、寝る必要はありません。

目の休め方は、遠くを見ることです。
遠くを見れば、目の周りの筋肉の緊張がとけます。
目が悪くなるのは、目の周りの筋肉が緊張しているからです。
あくまでも要因の一つですが、たいていの原因が緊張です。
リラックスできる習慣ができれば、目が悪くなる可能性は低くなります。
休ませる時間は五分もあれば十分です。
そうすれば、すくなくとも視力が急激に落ちることはありません。
急激に落ちてしまったら、病気の可能性が高いです。
眼科に受診して、医師と相談するべきです。

ただ、忙しい現代人はなかなか時間がとれないのが現実です。
そういう時は、目薬を使うとよいです。
言うまでもなく、必要以上に使う必要はありません。

また、目を洗浄するためのものもあるので余裕があれば使うとよいです。
毎日のちょっとした習慣で、目を悪くする可能性を低くできます。
難しいことではないので、出来る限り続けるべきです。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

02/18/2014 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:おすすめ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ