幼年期における視力低下の原因について

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力の低下は子供の頃の生活習慣が大きく影響すると思います。

漫画の読みすぎ、ゲームのやりすぎを視力低下の原因にあげる人が多いのですが、それらの行為自体が直接的な原因ではありません。

むしろ漫画を読む場所などの環境、ゲームを行うときの姿勢などが問題にすべき点であると思います。

具体的には、明かりに背を向けて漫画を読んだり、寝そべりながらゲームをしたりする行為が視力低下の原因となります。

当たり前のことですが、漫画は常に明るいところで読む、ゲームはきちんと座った姿勢で行うなどのルールを守らせる必要があります。

当然、定期的に休憩を取って目を休めるという習慣をつけさせることも重要です。

また、絶対に行ってはいけない行為としては、乗用車の中での漫画やゲームとなります。

乗用車での移動中は子供は退屈なため、後部座席等で漫画を読んだり、携帯ゲームなどを行う場合も多いと思います。

しかし、乗用車は非常に揺れるため、目標物に対して目の焦点を合わせずらいことから、通常時よりも目の疲労感が大きくなるのです。

なお、幼年期であれば、初期の近眼であれば比較的簡単に治癒することがわかっています。

子供の視力が落ちたと思ったら、迷わす眼科で診てもらうことをお勧めします。

大抵の場合、目の筋肉を緩める目薬を処方されますので、同目薬と目のトレーニングを実施することで、視力を回復することが可能です。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

11/18/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ