目は使う方が良くなる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生のお子さんが、ゲームを見てばかり、パパが仕事でパソコンを見てばかり!これでは、目が悪くなる一方ですね。

何か簡単に、視力が良くなる方法は無いでしょうか。
あるんです!まず、最近「寄り目」をしましたか?

昔の子供は、遊び道具も少なくて、こんなことばかりしていましたが、道具も時間も必要ない、こんな、寄り目がしっかりできると、視力の低下が、随分防げるんですよ!

近くの物を見る時、遠くの物を見る時、その距離に合わせて、目は、水晶体というレンズの厚みを、筋肉で引っ張ってコントロールしています。

近くを見る=厚いレンズが必要な時は、弱く、遠くを見る=薄いレンズが必要な時は、強く、目の周囲の筋肉が、引っ張っています。

じっと、同じような距離のものしか見ない、目の使い方をすると、筋肉の弾力が失われ、レンズのコントロールが効かなくなります。

また、年齢で筋肉が衰えると、老眼に移行していきます。

そこで、視力の維持に役立つ、目の使い方ですが、それは、目の筋肉の筋トレです!寄り目、グルグル目!しっかり近くを見た後、しっかり遠くを見る、を繰り返す、など、目の筋トレだと思って、意識して違う距離のものを、しっかりと見る時間を、1日3分程度作ることです!!

私は、小さい頃から仮性近視ですが、悪くなってきたなという時に、この目の運動をすることで、回復できています。

娘がゲームを続けたら、その後は、しっかり遠くを見るように、声をかけています。

今のところ、娘はゲームやパソコンをかなり使いますが、視力は低下してはいません。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

12/12/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ