視力回復で大事なことは、眼筋を鍛え血行を良くすること

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力が悪いと、単に物が見えづらいだけでなく、目が疲れたり、また将来失明してしまうのではないかと不安にかられたりします。

書店に行っても、「視力回復」関連の本が、結構棚に並んでいます。

特に、近視や乱視については、目の間違った使い方によって、目の周りの筋肉が硬直して、上手くピントを合わすことができなくなり、それが慢性化すると軸性近視といって、眼球の奥行きが長くなってしまい、さらに強い近視になっていってしまいます。

「視力回復」の本には、目の筋肉を鍛える関連、目をリラックスさせる関連が多くなっています。

目を上下左右に動かし目の周りの筋肉を鍛えると同時に、近くと遠くを交互に見ることによってピント調整機能に関連する筋肉を鍛えていくという眼筋の筋トレを行います。

目をリラックスさせる方法では、目の周りのツボを刺激し、硬くなった筋肉をほぐしてやることにより、目への血行を良くしていきます。

さらに、冷水と温水に交互につけることで、目の周りに刺激を与え、血管を柔軟にさせることでやはり、目への血行を良くしていきます。

目の筋肉のコリで、血行が悪くなり、そのことで近視をはじめいろいろな目のトラブルが起きてくると言われていて、白内障や緑内障も目への血行を良くしてやることで改善傾向が見られるという研究報告もあります。

まずは、目の筋肉を目が疲れない程度に鍛えると同時に、目の血行を良くするような方策をいろいろ考えると良いのかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ