視力回復トレーニングで効果を実感した10代。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私も20代を過ぎてからは視力がかなり落ちてしまい、コンタクトレンズか、メガネを使用しなくては日常生活では支障があるほどになってしまいました。

もちろん、それ以前から視力回復につながるといわれた食品、ブルーベリーなどを積極的に摂ったり、日常生活では視力低下につながるTVやパソコンなどのツールの使用を控えたりしましたが、視力の回復を実感することはできませんでした。

とはいえ10代半ばでは受験勉強など目を集中的に酷使するときもあり、視力の低下を実感したので、視力回復トレーニング法を実践するお店を見つけ通っていました。

それはレーシック手術などの外科手術をするわけではありません。
近視になると視力調整の役割をする水晶体が充分に機能しなくなります。

そこで水晶体を動かす毛様筋を元の柔軟な状態に戻すことで視力回復させるというのがそのトレーニングの目的でした。

私は週一回2カ月ほど通い、実際に視力が回復しました。

ただトレーニングと同時に勉強する際の姿勢や明るさ、時間など視力回復につながる生活改善も行っていたのでそれも視力回復につながったようにも思えます。

いずれにしろ効果を実感できたことは確かです。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

09/01/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ