視力回復トレーニングに通いました

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が小学3年生の時に、視力がだいぶ下がっていることに気付きました。
左右とも0.5くらいで、仮性近視と診断されました。
しばらく眼科で治療をしたのですが、良くなりませんでした。
両眼で見るとそこまで不自由は無く、しばらく様子を見たいと思いました。
チアダンスを習っていて、激しい動きをすることが多かったのです。
その為なるべく眼鏡を掛けずにいたい、と考えていました。

そこで、視力回復のトレーニングセンターに通うことにしました。
内容としては、点滅する光を目で追うなどの目の運動、特殊な器具を付けてのビデオ視聴、などがありました。
早いスピードで指定された数字のボタンを押す、というゲーム感覚のようなものは、子供が喜んでやっていました。
三か月くらいで0.7くらいまでは回復しました。

楽しいこともあり、二年くらいは通いました。
しかしそれ以上は目覚ましい変化は、残念ながらなかったです。
特にまだ小さいお子さんは、このようなトレーニングをすることでも視力が回復する可能性も十分あると思います。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ