視力回復遠近法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加

視力検査であなたも最近、視力を測ったかもしれません。
その視力検査表やそれに近い遠近法的な表なんかで トレーニングは出来ると思います。

視力検査表のどこでもいいので、例えば0.7のところを目の前に持ってきてゆっくり視力検査表を持ったまま手を遠ざける、遠ざけたら今度は近くに視力検査表を持ってくるの繰り返しです。

時に視力検査表を0.4とか0.8とか見る位置を変えていくとより効果的な遠近法になると思います。
毎日はとてもできませんので2日に一度くらいでもいいと思います。
目の焦点がなんとなくこのトレーニングを続けていたらあってきます。

ぼや〜としていた文字が日に日にアップしていくとやりがいを感じるでしょう。
意外に見えるか見えないか瀬戸際のところがミソです。

その瀬戸際のポイントで、目をつぶってメガネか何かですでに、見えにくいその文字が見えてるイメージでリラックスすると、必然的に焦点が合ってます。

まばたき方法というのもあるくらいなんで、途中のきっちりまばたきするのは目の機能改善のためにらすごく良いんだと思います。

やはり継続こそ視力アップの秘訣。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

09/06/2014 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:視力回復法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ