ブルーベリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはもちろん「ブルーベリー」をご存知ですよね?

果実の一種として甘酸っぱい実です。ケーキ、ヨーグルト、ジャムなど幅広く使われています。個人的にはブルーベリー大好きです!

ブルーべリーは目に良い、といった話をよく聞きます。

ということで、ブルーベリーと目の関係について。

なぜブルーベリーは目にいいのでしょうか?

その理由は色にあるといいます。

ブルーベリーはご存知の通り青色をしています。まさにこの青に有効成分であるものの特徴が表れています。その成分とは「アントシアニン」です。アントシアニンとは、植物の花などに含まれる成分です。

つまり色素。
その色素が目によい働きをしてくれるのです。

アントシアニンはブルーベリー以外にも含まれます。

たとえば、巨峰、ナスなどにも含まれるのですが、これらでとる場合、アントシアニン=色素であるため、色のついた部分、つまり皮を食べなければならないのです。

うーん、巨峰の皮はほとんどの人が食べないと思います。ナスは料理によっては食べないこともないが、、、

ブルーベリーは皮ごと食べられる食材なので非常にアントシアニンをとりやすいってわけですね。

目のためにブルーベリーを食べましょう!

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ