目の疲れや視力回復に昔ながらの青竹踏み

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、あまり見かけなくなりましたが、昔ながらの「青竹踏み」にはカラダにいい効果がいっぱいあるんですよ!

竹を割ったもの(今は100均にもプラスチック製のものがありますが)を踏むだけの簡単健康法です。
足の裏にはたーっくさんのツボがあって、青竹を踏むことによってツボが刺激されて体にとってもいいそうです。

ツボというと特定するのが難しいですが、足の裏には体の組織それぞれに対応する反射区と呼ばれるところがあり、目の場合は足の付け根にあたるそうです。
青竹踏みで反射区を効果的に刺激することによって、眼精疲労が改善されるそうです。

また、青竹踏みの効果のひとつに自律神経の働きを整えてくれることがあります。
自律神経が緊張すると視力も悪化するので、青竹踏みで自律神経を整えて余計な緊張を解いてくれるのは視力回復につながりそうですね。

青竹踏みは全身の血行もよくするので、それが目の諸症状の改善につながるという話もあります。

とても簡単な運動なので、ぜひ試してみたいですね。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ