幼い子供の視力が落ちたら・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が小さかった頃、主に小学生ですが、
当時は、まだメガネをかけている友達は
少なかったような気がします。

時折、メガネっこの友達がいて、彼女が極端に
視力検査をいやがっていたなというのは
今でも思い出せるくらいですが。

どうして嫌なのかというと、
やはり小学生くらいだと目がいいのが当たり前だったんですよね。
むしろ、私は1,2だったとか、俺は1.5だしとか、
そういう自慢大会にすらなる感じで。

でも目が悪いとその輪に入れないどころか
えー。そんなに目が悪いのー!?
なんて、好奇の目で見られます。
これやいやだったでしょうね。今ならわかります。

ところで、最近の小学生はどうでしょうか。
何となくですが、メガネの子が多いと感じるのは気のせいでしょうか。
昔より今の方が、目を悪くする環境が
整ってしまっているのかもしれませんね。

でも、小学生のような幼い子供の場合は、
視力矯正するより、トレーニングで視力回復を
狙った方が効果的だという説もあるようです。
ネットで調べると、トレーニング法がいろいろあるみたいでした。

お子さんの視力で悩んだら、安易にメガネに走るより、
まずはトレーニングで視力回復を目指す方がいいかもしれませんね。

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ