オルソケラトロジーで近視が治る訳

このエントリーをはてなブックマークに追加

オルソケラトロジーとは?

レーシックのように手術を行わなくて良い。

特殊な矯正用のコンタクトレンズを寝る前に装着して、

寝ている間に視力の矯正をし、日中は何もつけない裸眼状態で

過ごせるという優れもの。

アメリカで40年以上の歴史があり、1990年代から普及し始めたとのこと

従来型オルソケラトロジーは、日本人の角膜に合わないケースが多く

0.1以下の視力回復は困難とされていましたが、新しい治療法

「オサート」というものは、オルソケラトロジーよりも治療範囲が大きく

さまざまな視力回復が可能になった。

参考になる記事を見つけたので紹介しよう。

永浜敬子(ながはま けいこ)さんの記事↓

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録 当サイトのRSSフィード購読当サイトのRSS購読

スポンサードリンク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ