目の疲れないPC(モニタ画面)の設置方法

暗い部屋でのパソコン作業は、目に負担がかかり視力低下に繋がる

と思っていたが、目の疲れにくくするには

「画面と、画面後ろの壁とのコントラスト差をなくすこと」とのこと

少し意味がわからないので調べてみた。

どうやらパソコンのモニター画面とモニター背後の壁との光のコントラスト差を

小さくすることが目の疲労を少なくすることができるというもの。

ここで

「光のコントラスト」の意味がわからないので調べる・・・

画像AW

Wikipediaで調べてみたが、要は光の明るさの差を少なくすることらしい

そうすることで目が疲れないPCモニターへとなるみたいだ。

下記の記事に実際のセッティング状況が書かれていた参考にしてほしい。

タグ

11/03/2010 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:目の雑学

このページの先頭へ