レーシック適応年齢(子供の近視も大丈夫?)

最近は子供にも近視が増えてきています。レーシックを受けられるのは原則18才以上でないといけません。近視の進行が止まっていない18才以下の人の目は矯正しても、再び近視になる可能性が高いためです。

こちら

ただし、成長には個人差がありますので、適応検査をうけた結果、問題がなければ手術を受けることが可能になることもあります。また、50歳代の近視でレーシックを受けた場合、矯正されても、隠されていた老眼が顕在化したため、今度は老眼鏡が手放せなくなったという例もあります。

適応年齢は?

近眼時には読めていた細かい字が、今度は一生裸眼で読めなくなります。老眼は20才前後からはじまり、40歳ぐらいから自覚症状がでてくるといわれています。近視の手術を受けるのに、若すぎたり、年を取りすぎたりしている方は不向きだと考えられます。

こちら

このようなことから適応年齢は18歳以上であまり年をとっていない人が望ましいと言えます。

視力やみえやすさによる差は個人差の大きな部分です。気になる医院によりレーシックを受けることによって、視力がどう回復するかということを手術を受ける前に、担当医によく確認してください。


関連記事

このページの先頭へ