個人差のある視力回復

レーシックは、眼球の角膜をレーザーで削り近視の屈折異常に、半恒久的な矯正効果を生じさせます。しかし網膜由来の弱視や色覚異常の改善、視力回復、色覚回復の効果はありません。

また最近では技術が進歩して、乱視の矯正にも効果がでてきています。医院にもよりますが、
レーシックを受けた人のおおむね9割の人が、視力の回復があったとしています。


病院の施術方法でも個人差

どれほど視力が回復したのかも病院によって個人差がありますが、ほとんどの方が眼鏡やコンタクトレンズがいらなくなったと答えています。

こちら

専門医による正しい手術が行われた場合、以前の視力より落ちる可能性はまずありません。ただ、以前の生活で慣れた見え方と違う見え方をする場合があり、慣れるまでとまどうこともあるでしょう。

また手術を受けて思うように視力が回復しなかった、又、悪化したということもないとはいえません。その場合、再手術することも可能です。


関連記事

このページの先頭へ