片方の目だけレーシックできるのか?

レーシックは、近視は一生治らないという常識に縛られてあきらめていた人にとって、福音といってもいい方法です。

こちら

たとえば、強い近視のため、眼鏡のレンズが分厚くて、眼精疲労や締め付けがわずらわしいと感じている人、ケアが必要なコンタクトレンズの取扱いが面倒だと感じている人には、一度の手術で視力回復して近視が矯正されるのはもってこいの方法です。

それ以外に、スポーツやダンスをしている方は、汗や動きでずりおちてくる眼鏡や、水中で使えず、何かの拍子で外れてしまうコンタクトレンズがなんとかならないかと、思い悩んでいるでしょう。また災害の際の不安を抱えている人もいるでしょう。

医院でレーシックをうけることによって、今までできなかったおしゃれや、レジャーをおもいっきり楽しむことができると思います。

こちら

また、左右の視力が極端に違ってる人は、片方の目だけレーシック手術を受けることにより、眼鏡やコンタクトレンズから解放されてより快適な生活を、楽しむことができるようになります。


関連記事

このページの先頭へ