医療費控除はできるのか?

レーシクの費用を医療費控除するにはどうすればいいかまとめてみました。

こちら

医療費控除の申告

レーシックは健康保険適用外の自由診療扱いですので、を受けた人には多額の請求がきます。それは請求された人が医院に支払わなくてはなりませんが、税制上、1月~12月の一年間で支払った医療費が10万円以上になる場合、税務署に医療費控除の申告をすれば、返還金が返ってきます。

では、保険適用外のレーシックはこの対象に数えられているでしょうか。

こちら

一般的になる前は、申告を受け付ける税務署によって、取扱いがまちまちだったとようですが、一般に普及した今、税務署のHPのなかにも、「視力回復レーザー手術(レーシック)とは、角膜にレーザーを照射して近視や乱視などを治療し、視力を矯正方法のことです」と書かれています。


医療費控除の対象になる

この手術は、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります。」と明記してあります。

受けた人、受けようと思っている人は、領収書と源泉徴収票を添付して、1月からはじまる医療費控除の確定申告に備えてください。

関連記事

このページの先頭へ