料金の安さには理由があるはず?

料金の安さで選んでいませんか?術後に検査が有料であったり、保障がなかったりとデメリットが多すぎる点を知っていますか?

こちら

何故安くできるかを考えよう。

レーシック手術は保険適用外ですから、その医院の任意で料金を設定できます。しかし、あまりに安すぎる料金設定に関しては、単純に喜ぶべきではなく、何故安く設定できるか、疑問をぶつけるべきです。

というのは高価な精密機器と高い技術を使い、スタッフも国家資格である視能訓練士が必要で、国内でも施術できる病院が限られています。


高い料金になるのが普通

そのため、普通はどうしても高い料金になるのが通常なのです。年間20万人が受けるようになりレーシックが普及するようになると、医院間の競争もはげしくなります。都心の病院の最新技術の料金が、割引キャンペーンで安くなるのはそういう理由もあります。


安くなる理由

料金が安いのは、安くなる理由があるわけです。レーシックは30~45万円もかかるので、つい安さに引かれるのも、わからなくはありませんが、その安さが手抜きやスタッフ不足、時代遅れの技術など、安全性を脅かすものでないかどうか、価格の比較だけでなく、安全性の比較をして医院を選ぶようにしてください。


再手術などの料金が無料の眼科を紹介していますのでこちらからどうぞ

関連記事

このページの先頭へ